めまい 目眩 メニエール病の整体・盛岡 耳鳴り 突発性難聴 平衡感覚不調。滝沢市で開院28年の老舗整体院・知識と理論を超えた結果の整体※土日は特に混みあうため当日予約やご希望の時間が取れにくい状況です。お早目のお電話ご予約をお奨めいたします。
スマホの方は下のMenuをタップ

めまい 耳鳴り 突発性難聴の整体 盛岡市 滝沢市

めまい 耳鳴り 突発性難聴
b

s
b
めまい(目眩)の症状が耳鼻科に行って服薬するも改善されなかったと言って観身堂に来院される方がとても多いです。

随伴症状として吐き気を伴ったり、めまいから始まって突発性難聴になるケースもあります。


1・頸椎の捻じれから(最も多い原因・頸椎が人によっては右か左に捻れている場合があります。)
2・肩こり、首の凝りから(脳内の疾患は除く)
3・自律神経失調から(首をほぐして頸椎を正すと改善できます。)
4・低血圧から。高血圧から。(食事管理と適度な運動、整体によって改善可能です。)


観身堂でお受けするご相談は、現代医学でいうところのメニエール病や突発性難聴、良性発作性頭位めまい症など、そして検査では病気が見つからない、原因がはっきりせず病名がつけられないような症状です。


頚椎の捻じれやすべり症、ムチ打ち症の後遺症からくるめまいなど、あるいは首の凝りから来るめまい、精神疲労からくるものなどが施術の対象として応じております。
s

めまいは、頸椎の捻じれストレスの影響もありますが、問題はストレスが掛かったときに、それに持ちこたえられない状態にある三半規管の働きにあります。

その根本的な原因はとなると、頸椎棘突起に捻じれと圧迫にあります。

何故なら、頸椎の捻れを本来の位置に戻してやりますと目眩やふぁふぁ感が無くなるから。

頸椎棘突起(けいついきょくとっき)の捻れを正すことによって現代医学では改善できていない、目眩(めまい)突発性難聴に苦しむ多くの患者さんたちを改善治癒してきました。

現代医学では蕀突起の捻じれには着目していないし、治療の対象にもしていないために盲点となっているのが現状でしょう。

問題なのは現代医学の常道である薬に依存した治療でそれほど改善されずリスクの方が遥かに大きいということ。

薬の多用は内科的な疾患を発症させるケースもあります。

a

a

a
★なぜ
頸椎蕀突起の調整は根本的な改善方法といえるのかその理由をあげておきます。

1・頸椎蕀突起の捻じれ矯正は頸部神経の圧迫を解放する。

2・椎冠動脈血管の圧迫を解放する。

3・頸椎蕀突起を正しい位置に矯正することで、頸椎をつないでいる靭帯や支えている筋肉負荷が取れる。

4・胸鎖関節(鎖骨と胸骨の関節部)の調整は胸鎖乳突筋の緊張を緩めて三半規管の働きを促す。

5・頸椎の捻れや圧迫が解放されることで血流が良くなる。

6・頸椎蕀突起と胸鎖関節の調整は自律神経系統が緊張と圧迫から解放されるために三半規管の働きが正常化する。

この整体技術は自律神経失調症にも効を奏する。

論より証拠。
その結果についてはご自分で体験される事が、百聞一見に如かずかと思います。

以上の六つの内容が目眩(めまい)、吐き気、偏頭痛、手のシビレ、ふらつき、突発性難聴、耳鳴り、などを劇的に改善される理由です。

産後骨盤矯正

a

a
◎首と肩を中心に全身のほぐしを丁寧に行う。

◎頸椎の捻じれを頸椎棘突起矯正法によって正しい位置に戻す。
◎この調整法は、めまいのほかにも偏頭痛(片頭痛)、突発性難聴耳鳴り、眼精疲労ドライアイなどには欠かせない施術法でもあります。

頚椎バランスがとれることによって筋肉や靭帯、神経にかかる不必要な負荷が取れて施術後はとてもスッキリします。

◎頸椎棘突起調整法は三半規管の働きにも影響し改善の要となります。

◎脳から出た血管(椎管動脈)と神経は頚椎(首の骨)の中を通っていて頚椎一個一個から枝分かれして末梢神経として機能しています。

◎頚椎の捻じれは神経と椎管動脈圧迫の原因となります。

◎上記の棘突起矯正法は当院独特の開発技術で、目眩はもちろんですが、耳鳴り、手のしびれ、ふぁふぁ感、メニエール病にもとても有効です。

症状が改善されない方観身堂の整体を体験して改善されて下さい。


観身堂でお受けするご相談は、現代医学でいうところのメニエール病や突発性難聴、良性発作性頭位めまい症などです。

そして検査では病気が見つからない、原因がはっきりせず病名がつけられないような症状です。

頚椎の捻じれやすべり症、ムチ打ち症の後遺症からくるめまいなど、あるいは首の凝りから来るめまい、精神疲労からくるものなどを施術の対象として応じております。

a

★ぐるぐると景色が廻る
★自分がぐるぐると廻る
★発作的なめまいが怖くて一人で外出できない
★吐き気をともなう
★肩や首筋の凝りや張りがひどい
★ふわふわ感

■地に足が付かない感じ。
■雲の上を歩いているよう
■自分の身体ではないよう
■なんとなく不安定な感じ
■地の底に吸い込まれそう
■目の前が暗くなる感じ
■地上に倒れこみそうな感じ
■頭の中がボワッとする

a

目眩(めまい)が発症したときに伴うことのある症状として下記の様なこともあります。

■不安感、吐き気、頭重、頭痛、耳なり、難聴、肩こり、首筋のこり、無気力、疲労感、動悸、不眠など。

目眩がおこると耳鼻科で検査をしてもらうことが多いかと思います。

検査をしてもこれといった特定できるような病態が見つからず、原因がわからいという場合も多い。

そういう状況の場合、患者さん自身は不安感があります。
そして症状がなくなったわけではありません。

通常、こういう場合は目眩止めの薬、抗不安薬など処方されることが多いようです。

その後、症状のあるなしに関わらず、なんとなく飲んでいないと不安だという理由で数カ月、あるいは数年も精神安定剤を飲み続けている方もいらっしゃいます。

精神安定剤はその作用も様々な段階や種類があり、症状に応じた処方箋ではあるでしょうが、しかし、根本的に副作用のない薬は存在しないという薬学説は支持したい。

フワフワする感じ、あるいは めまいの発作がいつ起こるかわからないという恐怖感。

これは、はた目から見てもわからず理解してもらえないもどかしさもあり、本人にとってはとても苦痛なことだと思います。

昼夜問わず起こる目眩の不安と恐怖心。
夜眠れない。
人前でパニックになってしまい一人では外出できない。
家から一歩も出られなくなってしまった。

めまい、ふぁふぁ感、頭をもっていかれる、こういった症状の延長線上に、こんな悩みを抱えている観身堂に来院する方も多くいらっしゃいます。

当院ではこうした方々と実際に毎日関わり、早期に症状が改善されて健康なお身体に復活できています。

そのなかで体験された方は「もっと早く観身堂を知っていれば、こんなに長く苦しまずに済んだのに・・・と云われます。

いろいろ試してみて改善できなかった方、どうぞ検討いただき来院をお待ちもうしあげます。

盛岡整体 カイロプラクティック 耳鼻科

メニエール病 めまい 目眩 ふらつき 突発性難聴 ふぁふぁ感 盛岡整体 滝沢市 平衡感覚不調

めまいといえばメニエール病といわれるほど有名ですが、メニエール病は内耳のトラブルで、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。

一般的には、片側の内耳の障害が多く、時には両側とも障害されることもあります。

a
内耳を満たしている内リンパ液が過剰になると(ない)リンパ水腫(すいしゅ)になりますが、この状態によってメニエール病が起こると医療現場では説明しています。

しかし、この内リンパ水腫がなぜ起こるのかについては不明であると説明されていること!

併せてリンパの水腫が無くても目眩(めまい)や耳鳴りが発症している方がいて観身堂の整体施術で早期に治癒しているという事実。

医学では、先進国に生活する人に多く、発展途上国の人には少ないことから、ストレスがこの病気の発症に関係しているのではないかといわれていますが、実際にはストレスを抱えながらも観身堂の整体によって治癒しています。

こうなると、メニエール病による耳鳴り、目眩(めまい)の原因は必ずしもリンパ水腫やストレスのせいばかりではないと言えます。


a


a
何の誘引もなく突然、回転性(ぐるぐる回る)めまいが起こり、めまいと同時に、あるいはめまいの少し前から、片耳に耳鳴りや耳の閉塞感を感じたり、難聴が起こったりする。

めまいを繰り返す間隔は人によって違い、数日、数週間、数カ月、あるいは1年に1回などさまざまです。

激しいめまいは、普通30分くらいから数時間続き、めまいの軽快とともに耳鳴り、耳の閉塞感、難聴は軽くなったり消失することもあります。

しかし、めまいを何回も繰り返しているうちに、めまいがおさまっても耳鳴りや難聴が残るというような状況もあります。

めまいが激しい時は、これらの症状以外にも随伴症状として吐き気、嘔吐、冷や汗、動悸などが起こり、かえってこれらのほうが苦しいこともしばしばです。

g


g

g

1・頸椎の配列状態の確認(捻じれ、圧迫、分離)

2・脊柱の配列状態の確認(胸椎、腰椎の捻じれと圧迫)

3・骨盤の捻じれと左右上下バランスの確認

4・全身のほぐし・頸部深層筋の丁寧なほぐしをおこなう。

5・頸椎の歪み調整を行う。(棘突起調整法)

g
棘突起調整法は当院の開発技術であり、その頸椎へのアプローチは、脊髄神経から分派する末梢神経の圧迫を解放するために最も重要視する調整法で即効性の期待できるテクニックですす。

耳鳴り、突発性難聴、めまい(目眩)の要因は、耳鼻科で内耳や三半規管に異常がみられないという診断ではあっても、当院の所見では頸椎6番・5番・4番に異常がみられます。

頸椎に歪み、捻れ、圧迫があると、そこから派生して耳に入っている神経の働きを阻害し、過剰な緊張が発生することになります。
結果、耳鳴り、めまい、突発性難聴、吐き気などの症状にもつながります。

ここでよく理解していただきたいのは、頸椎から出る神経は、耳や三半規管の自律神経と深く関わりがあるということ。

当院の整体では頸椎1番から7番までの並び具合、歪み具合、圧迫を確認して必要に応じて調整のアプローチをします。

このような調整をしてあげることで、これまで改善できなかった耳鳴りやめまい、突発性難聴の数多くの患者さんを改善治癒してきました。

当院の頸椎の調整は実際に1個1個の椎骨を正しい位置に動かすことができます。

この技術は院長が開発した当院独自のオリジナルテクニックです。

嫌な痛みを伴うような調整技術ではありませんのでご安心ください。
a


a

厚生労働省の特定疾患に指定されている難病
上記の原因のところでも述べましたが、メニエール病は膜迷路が膨張する内リンパ水腫(すいしゅ)によって、めまい、耳鳴り、難聴などの症状を繰り返す病気としています。

ところが、内リンパ水腫が、なぜこれらの症状を反復して引き起こすのかは現代医学ではいまだに明確にされておりません。

内リンパ水腫自体の原因も不明で、内リンパの吸収障害説、過
剰産生説、内耳の循環障害説、ウイルス感染説、ホルモン異常説、ストレスによる自律神経失調説などの諸説があります。

しかし、諸説はあってもこれといった決定的な治療法がないという現状です。

ですから、目眩止めの薬を服用してもかえって目眩が強くなったり、副作用のために吐き気が酷くなったりということが多々見受けられます。

長じて突発性難聴になったりする患者さんもおられます。


発作時主症状
★めまい(突発的で立つことも出来ないほどの激しい回転性で、かつ数十分以上続く)
★難聴(特に低音域が障害される)
★耳鳴り
★耳閉感


メニエール病

激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が重なる症状を繰り返す。

★内耳の疾患

発作時付随症状

吐き気、嘔吐、冷や汗、顔面が蒼白くなる、動悸、異常な寒気・暑さなどの温感異常、聴覚補充現象等の症状が起きることがある。

典型的なメニエール病の発作
「回転性めまい」と「聞こえ」の症状に加え強い吐き気・嘔吐を伴い、頭を動かすと症状がさらに強くなるために自発的には頭を動かすことが困難になる。

目がグルグル回る為に立つことも出来ず就床するのみで、歩けないのでトイレにも這って行くほどであるが便座にまともに座ることもできないため排尿も困難な場合もある。

めまい発作は数十分から数時間、時には半日以上続く。

回転性のめまいが治まった後も浮動性めまいや聞こえの症状がさらに続くこともある。


内耳の働きが良くないのであり脳に異常は無い為、目はグルグル回り外から見てもあきらかな眼振が見られるが患者の意識ははっきりしているのが特徴。

難治のメニエール病といわれていますが、改善や治癒の速度には状況の違いもあり個人差はあるものの当院の整体によって頸椎へのアプローチで改善できた実例が多くあります。

是非ご自身の目と体で体験されてお確かめください。

盛岡整体
 g
滝沢市整体

盛岡整体滝沢
盛岡整体

盛岡市整体滝沢市

※お問い合わせへの返信は、月・金の定休日を除いて
24時間以内に返信いたします。
※受信指定や受信拒否をしている場合は返信メールが届きませんのでご確認ください。

エキテン整体口コミ

盛岡市整体滝沢市

sen

盛岡市 滝沢市を中心に下記地域からも来院いただいております。
花巻市 石鳥谷町 紫波町 矢巾町 北上市 奥州市 水沢区 前沢区 胆沢区 江刺区 金ヶ崎町  岩手町 八幡平市 一関市 一戸町 岩泉町 大槌町 大船渡市 宮古市 釜石市 軽米町 久慈市 葛巻町 九戸村 住田町 田野畑村 遠野市 西和賀町 二戸市 野田村 山田町 陸前高田市 洋野町 藤沢町 普代村 宮城県 仙台市 名取市 大仙市 大曲 秋田県 秋田市 田沢湖町 横手市 青森県 八戸市 白銀町 三沢市 三戸町 十和田市 仙台市 福島県 山形県 東京都 埼玉県 千葉県 新潟県 京都市


▲このページの先頭へ