腰痛の整体 盛岡市と滝沢市地域の『観身堂』開院27年の老舗整体院・知識と理論を超えた結果の整体施術※土日は特に混みあうため当日のご予約やご希望の時間が取れにくい状況です。早目のお電話をお奨めいたします。何卒ご了承ください。
スマホの方は下のMenuをタップ

腰痛の整体 腰の痛み 盛岡市 滝沢市

腰痛は、腰椎すべり症や腰椎分離症があっても改善できます。

盛岡市整体 腰痛

盛岡市整体 腰痛

盛岡市整体 腰痛


盛岡市整体 腰痛


◎100%の手技です。早期の改善結果に期待できます。

◎腰痛の患部を中心に全身の丁寧なほぐしをフルコースでおこないます。


◎ご要望のピンポイントまで見逃すことなく施術いたします。

◎患者様の好みの強弱に合わせていかようにも調整可能。

◎腰痛の根本原因である骨盤のアンバランスを矯正します。


◎当院の骨盤矯正は巷でいわれているようなストレッチ的な操作でもなく、腰椎の矯正だけで骨盤矯正と称するものでもありません。

◎本当の骨盤矯正は実際に仙腸関節を本来の位置に動かして整える内容をいいます。
しかし、怖がるような痛みはあありませんからご安心ください。


盛岡市整体 腰痛
写真赤線の部分が仙腸関節(仙骨と腸骨の接点)です。
仙骨は・背骨を支えている骨盤中心部の骨
腸骨
は・左右の骨盤を指す。


左右の腸骨は上からの体重を支え、下からの突き上げの為に上方スライドしやすい構造になっています。

そのために人によっては腸骨が上方スライドした分だけ左右いずれかの足が短くなっている場合があります。

もう一つは、腸骨が後ろに捻じれている場合もあります。
これも骨盤全体の構造上の理由によるもので、腸骨は後ろに捻じれることはあっても前には捻れることはありません。

捻じれと上方スライドという歪みを観身堂の整体では実際に骨盤(仙腸関節)を動かして矯正いたします。

施術前と施術後の違いを体で実感していただけます。

盛岡市整体 腰痛
盛岡市整体 腰痛

盛岡市整体 腰痛
★うつ伏せで足の長さをチェック(右足が上方に約2センチスライド)原因は右骨盤が上方にスライドした結果。

滝沢市整体 腰痛
★うつ伏せで足の長さをチェック(左足が上方スライド)原因は左骨盤が上方にスライドした結果。

盛岡市整体 腰痛
★うつ伏せで左右骨盤の上方スライドレベルの確認と骨盤後方捻れのチェック。



盛岡市整体 腰痛
★長座で左右踵(かかと)の位置を確認(骨盤が捻れるとそろわない。)


★骨盤位置正常化のための矯正と腰椎の矯正を行います。(実際に骨盤を動かします)

★胸椎の矯正、頸椎の矯正も併せて行います。


★ほぐし・足の裏⇒アキレス腱⇒ふくらはぎ(ヒラメ筋)⇒太腿裏(大腿二頭筋)⇒腰部(起立筋)⇒背筋⇒両肩⇒肩甲骨⇒頸部(首)⇒両腕の順で全身丁寧に約50程度かけてほぐします。患部は特に丁寧に。

矯正は恐怖感を抱いたり、痛みを伴うような内容ではありません。
ご安心ください。

施術後は全身の爽快感と腰痛の減少でスッキリとした気分でお帰りになれます。ご期待ください。
盛岡市整体 腰痛
kotori

盛岡市整体 腰痛


盛岡市整体 腰痛

★腰痛の程度は個人差があっても短時間の腰痛から慢性的な腰痛までさまざまです。

★疼痛があり時には仕事が無理な状態までに辛くなる。

★また時にはそれほど辛くもなく我慢できる程度の苦しさで治療に行こうとは思わない。

★朝の起きがけが一番痛く、動き出せば徐々に痛みが軽くなる。

★午後や夕方になって疲れると腰痛がおきる。

★激痛が走る。シビレがある。足の皮膚感覚が薄い。

★痛みが下半身にまで伝わって歩行が辛い。

※このような状態を繰り返しながら徐々に悪化の道をたどる。

そして後半は一気に歩行が辛くなったり足を引いて歩く状態まで移行悪化していく。

慢性腰痛からぎっくり腰を起こす方も結構多い。

ぎっくり腰は腰の筋肉疲労がピークに達した時に起きやすいですが、これも元々は骨盤のアンバランスが根本的な原因であります。


盛岡市整体 腰痛

(1)単に腰部筋疲労性の腰痛

(2)椎間板ヘルニアの影響によると言われた腰痛

(3)脊椎側湾症の影響によると言われた腰痛

(4)骨盤アンバランスの影響による腰痛

(5)内科、婦人科の不調による腰痛

(6)椎間板ヘルニア、脊椎側弯症、脊椎狭窄症、脊椎すべり症、分離症などは骨盤の左右上下の移動、前後の捻じれによって発症するところが大半を占める。

骨盤アンバランスは筋肉に対し不必要な負荷をかけて疲労がとれずに蓄積した結果として腰痛を訴えてくる。

またギックリ腰もその延長上にある。

盛岡市整体 腰痛

★腰痛の患者さんがあまりにも多いため説明が少し長くなりますけど大事な内容と思いますので関心のある方はお付き合いください。

★先ず、腰痛の主な原因としては、骨格や筋肉の異常に基づくものがとても多いです。

まれには、内臓の異常に基づくものもあります。

腰痛は加齢に伴って増えるとは限らず、若い人にも、子供にも結構みられます。

その原因はスポーツなどの影響による骨盤のアンバランスによるものが大半です。

観身堂で日常よくみる腰痛の患者さんは、医学的原因が不明であったり、レントゲンや他の検査で、骨の変形などの所見があるため、これとすぐ結びつけられて、変形性腰椎症、腰部椎間板症、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)など種々の病名をつけられることが多いようです。

こうした理由から、手術以外に方法はないといわれて観身堂へ来られる方がおられます。

改善は無理かなと思っていたと語る患者さん自身が、当院の腰痛整体で想像以上の改善の速さに喜んでいる姿を見るのは共に嬉しいものです。

このように改善していくとき、いつも検査の異常と症状を簡単に結びつけて判断してはいけないなと感じることがよくあります。

腰痛の原因が病気によるものと明らかである場合は、西洋医学的に治療方法が確立されているケースについてはそちらを優先させたほうがよい場合もあるでしょう。

一般的に痛みに対する病院の治療としては、鎮痛剤の服用、その他、湿布、温熱療法、電気療法、牽引などの物療が併用されています。

この点はこのページをご覧になっているあなたもご存じかと思います。

したがって、そういう症状や薬による治療のリスクを知ったうえで別分野である私たちの整体療術を試みることは大いにお勧めしたいところです。

その理由は観身堂においでになる方々は施術をすることによって体がリフレッシュできてさらに痛み、凝り、しびれなどの症状が改善することを知っているという事実があるからです。

椎間板ヘルニアの手術の場合も、痛みやしびれが軽減する方もあれば逆に悪化して車椅子の生活を余儀なくされている方も現実にいます。

手術の功罪と云いましょうかリスクが伴うことも当然の理です。

願わくば手術以前に当院の腰痛整体を体験されてみてはいかがでしょうか。

チャンスを生かせば大きな結果が得られること期待大です。

腰痛整体 盛岡

 

投稿日:2018/11/25 腰痛 肩こり 頭痛 評価5.00
ずっとマッサージに通っていましたが、症状があまり改善されず、ネットでこちらを見つけ、近所だったので来てみました。
背術は一時間程で、これまでのマッサージとはまた違い、重点的な指圧と全身がスッキリするバキバキな骨抜き(骨格調整)で、背術後の体の軽さが病みつきになりました。
今は毎週お世話になっています。

投稿日:2018/11/08 腰痛 評価5.00
20
年以上、ずっと腰痛に苦しんでいました。
どこに行っても全く治らない腰痛が、ここに来れば
12回ですぐに何でも治るのでいつも利用しいてます。
今後もずっと利用させて頂きます、よろしくお願いします。最高です!

投稿日2018/10/14 骨盤矯正 評価5.00
予算4,500円腰痛をきっかけに、他の整体で骨盤の矯正を始めましたが、改善が見られなかったため、こちらの施術を受けました。
患部だけでなく全体を丁寧にほぐしていただき、今まで気づかなかった強張りなども教えていただけました。
定期的に通ってみたいです。


投稿日2018/10/13 腰痛肩こり 評価5.00
本日で二回目の施術でしたが長い時間ゆっくりと揉みほぐしていただき、骨格も調整していただきました。自分では良くわからずに凝っている場所などもすぐに見つけてもらい身体がかるくなりました。スタッフの方々もとても親切で優しかったです。息子と母も連れてきて良かったです。


盛岡市整体 腰痛
 盛岡市整体 腰痛
盛岡市整体 腰痛

盛岡整体 椎間板ヘルニア
盛岡市整体 腰痛

盛岡市整体 腰痛

※お問い合わせへの返信は、月・金の定休日を除いて
24時間以内に返信いたします。
※受信指定や受信拒否をしている場合は返信メールが届きませんのでご確認ください。

盛岡市整体 腰痛

盛岡市整体 腰痛

腰椎すべり症 腰椎分離症

盛岡市 滝沢市を中心に下記地域からも来院いただいております。
花巻市 石鳥谷町 紫波町 矢巾町 北上市 奥州市 水沢区 前沢区 胆沢区 江刺区 金ヶ崎町  岩手町 八幡平市 一関市 一戸町 岩泉町 大槌町 大船渡市 宮古市 釜石市 軽米町 久慈市 葛巻町 九戸村 住田町 田野畑村 遠野市 西和賀町 二戸市 野田村 山田町 陸前高田市 洋野町 藤沢町 普代村 宮城県 仙台市 名取市 大仙市 大曲 秋田県 秋田市 田沢湖町 横手市 青森県 八戸市 白銀町 三沢市 三戸町 十和田市 仙台市 福島県 山形県 東京都 埼玉県 千葉県 新潟県 京都市


▲このページの先頭へ