盛岡市滝沢市・ばね指の整体・エキテン口コミ県内全域で第一位

このエントリーをはてなブックマークに追加

ばね指(弾発指)の場合、屈筋腱と靭帯性腱鞘の間で炎症が起こると、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。

腫大した屈筋腱ばね指は腱が肥大化している場合もあるが靭帯をピンポイントで丁寧にほぐせば指も動きが良くなり痛みが軽減できます。

ばね指の腫大した屈筋腱

手の指も足の指も腱によって曲げ伸ばしできるようになっています。

手を握る力は前腕の筋肉によって支えられて発揮されその力を腱が指まで伝えます。
その力で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように包んで押さえているのが下図の靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。

これが無ければ強い力で握ることができなくなります。

この靱帯性腱鞘は指の関節と関節の間の筋肉部分にありますが、一番力の掛かる指の付け根付近に炎症を生じやすいところがあります。

その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。

これをばね指(弾発指)と呼んでいます。

靭帯性腱鞘の説明

ばね指(弾発指)の症状と原因!

☑ 主に妊娠時、産後や更年期以降の女性に起こることが多く、右手の母指に最も多く発生しますが、中指や薬指に発症するケースもあります。

☑ 関節リウマチでもこのようなバネ指状態が発生します。

☑ まれに小児にも発生しますが、この場合は先天性疾患の理由によるものが多いようです。

☑ 多くは、手指の使い過ぎ(酷使)による場合が多いようです。

バネ指に関する概念と対処の方法

現代医学は親指第一中手骨の付け根のCM関節が亜脱臼している事実を全く見逃しています。
(下図拇指赤丸印し付け根部分が亜脱臼している。)

◎現代医学では妊娠時期、出産後、更年期、リューマチ、などによってもバネ指が発症すると説明しています。

しかし、使い過ぎや腱鞘炎は別として、妊娠していなくても出産しなくても、更年期でなくても、リューマチでなくても、あるいは男性でもバネ指になって観身堂に来院する方がいます。

そして来院する方で親指のバネ指の場合はCM関節が亜脱臼、もしくは脱臼していることを整形外科や接骨院で指摘されなかったということと、手術を勧められたということ。

◎手術をしたけど半年後に再発したと言って来院された方もいました。その方は1か月の間に5回の施術でほぼ完治しました。

やはり拇指の付け根CM関節が亜脱臼していました。

このように拇指CM関節の亜脱臼を指摘して施術してきました。

◎医学的知識は必要なものですが、しかし知識偏重主義になりますと患部の発する変化や異変、メッセージを見逃すことになるケースもあります。

◎患部に熱感による炎症がなければ、そのポイントを丁寧にほぐし、CM関節の亜脱臼を正しく矯正してもどします。

この操作でバネ指の状態が改善緩和されてきます。
これが 観身堂が重要視して取り組んでいる施術内容です。

是非一度ご体験ください。

盛岡市と滝沢市以外にもたくさんの県内外地域から来院頂いております。
花巻市 石鳥谷町 紫波町 矢巾町 北上市 奥州市 水沢区 前沢区 胆沢区 江刺区 金ヶ崎町  岩手町 八幡平市 一関市 一戸町 岩泉町 大槌町 大船渡市 宮古市 釜石市 軽米町 久慈市 葛巻町 九戸村 住田町 田野畑村 遠野市 西和賀町 二戸市 野田村 山田町 陸前高田市 洋野町 藤沢町 普代村 宮城県 仙台市 名取市 大仙市 大曲 秋田県 秋田市 田沢湖町 横手市 青森県 八戸市 白銀町 三沢市 三戸町 十和田市 仙台市 福島県 山形県 東京都 埼玉県 千葉県 新潟県 京都市 名古屋市などです。

観身堂の電話予約 エキテン口コミ第一位