腰痛 肩こり 頭痛(片頭痛)の原因は理論のなかにはない!

知識と理論を超えて診るときに原因がわかる!

観身堂の整体を受けるために来院してくださる方々は、当然と言えばそうですが様々な症状を改善したい、治したいためにおいでになります。

原因は知識や理論のなかにはない。

腰痛、肩こり、片頭痛、四十肩、五十肩、頸椎症、脊椎側弯症、椎間板ヘルニア、オスグット、ケルバン病、過呼吸、めまい、うつ病、パニック障害、自律神経失調症などなど。

西洋医学で改善できなかった、あるいは整体やカイロプラクティック、マッサージ、鍼灸、整骨院など試みたが改善できなかったという方など多種多様です。

疲労からくる軽度の症状、無理をしたことで体の限界を超えた赤信号点滅状態の人。

怪我をしたあとの後遺症で辛い人。

精神的ストレスが強くて体の不調を起こしている人。

逆に体の不調が心のアンバランスまでに発展した人。

このように、症状は色々ですが共通しているのは体が本来のバランスのとれた状態になく、正しく機能できていないということです。

原因はとなると、西洋医学的説明と東洋医学的説明では異なってきます。

これは理論が違うのですから当然と言えば当然かもしれませんが、本来は洋の東西の問題ではないと思うのです。

原因は理論ではなく身体のなかにあります。

根本的な原因は先入観や知識を超えて現状が把握できたときに発見できるものです。

体をよくみればそれがわかりますし、体に聞けばよいだけのことです。

先に述べたように、慢性的症状で医療を受診した人たちが改善されずに薬を多用する事例はとても多いです。

こういう現実をみるとき、近年の医療の盲点は体をよく診ることをせず簡単に機器に頼るところにもあるのではないかと思います。

観身堂においでになった方々のいう「内科に行っても触診もしない・整形外科に行っても患部に触れてみることもせずにレントゲンだけだった」という言葉をよく聞きます。

そういう人たちの身体をよく診ると実際に問題点がはっきり発見できます。

サインが出ているのに何故に身体全体を診ようとしないのか。

致し方ないといえばそれまでですが、視点が違うのと手技や骨格矯正について理解がないのとそういう知識を学んでいないことが最大理由でもあろうと思います。

観身堂の予約電話案内 エキテン口コミ第一位

冷湿布の効用とリスク・盛岡整体「観身堂」

身体症状には様々なものがあります。

慢性症状、痛み、疼痛、シビレ、脱力感、倦怠感、吐き気、めまい、胸痛、腰痛、頭痛、偏頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、震顫(シンセン・ふるえ)、等々その他いろいろあります。

慢性症状 肩こり 腰痛 頭痛 めまい 倦怠感

上記の症状は観身堂に来院される方々がかかえてくる症状の一部の症状です。

ここで治療した方の事例を紹介しましょう。
「ぎっくり腰でまったく動けず、医大病院の整形外科では入院安静しかないと言われたけど、家庭の事情で入院なんてできず、泣きながら観身堂さんに電話予約しました。

丁寧に対応して頂きました。正直今までたくさんの接骨院や鍼灸を歩きましたが、こんなすぐに結果が出たのは初めてです。

全身を50分施術していただいて直後には歩けるようになりました。絶対に通います。」という内容で口コミをしてくださったこの方、3回来院しましたが完全回復して今はおいでになっていません。

MRIを撮った医大の処置は、鎮痛剤と腰に張り付ける冷湿布だけだったとのこと。

電話をいただいた日はあいにく予約が取れない状況でしたが、電話のむこうの声は半べそ状態で、冷湿布を貼っても鎮痛剤を飲んでも全く効果がなく、腰が痛くて苦しくて歩けないという状況でした。

とても気の毒でしたが翌日に予約をしていただいた次第です。

電話では「何とか自分で応急処置ができませんか?」ということでした。

「今すぐに冷湿布をはがして温かいシャワーで冷湿布の成分を洗い流してください。そして腹巻をして腰を冷やさないようにしてゆっくり休んでいてください。」とお答えしました。

翌日治療においでになって「温かいシャワーで腰を洗ってあたためたら底苦しい疼痛が和らいで眠れました。」ということだった。

ここでいつも疑問に思うのは、なぜ整形外科では「炎症」という言葉で痛みに対して湿布で片付けてしまう傾向にあるのかということ。

炎症というと、患部が熱をもっていても炎症というのですが、熱をもっていなくても痛みがあるということ=炎症という捉え方もされています。

あるいは患部のレントゲンを撮った結果で炎症としている場合があります。

このようなことから炎症には冷湿布という処置が整形外科では一般的なようです。

今回のように、患部が熱をもっていない状態であるけど痛みがあるという場合、ぎっくり腰だということで病院に行きますと、必ずといっていいほど冷湿布をだします。

ところが、この冷湿布を貼りつけると疼痛を訴える場合があります。

本来、冷湿布が有効なのは、患部が熱をもった炎症状態にあるときだけであって、熱をもっていない痛みの場合は逆に温めたほうが痛みは和らぎます。

熱をもった痛みには、打ち身・打撲・捻挫などがあって、さらに内出血しているような状態のときも冷湿布をしなくてはなりません。

患部に対する冷湿布と温める処置の仕方を間違うと辛い思いをするのは患者さんです。

要は患部の症状を診たときに冷湿布をするべきか、逆に温めるべきかという基本的な処置が正しくなされていないことが多いということ。

このことは観身堂においでになる患者さんたちの状況、実態からいえることであり、確証のないことを述べているわけではありません。

気をつけなくてはならないのが、冷湿布鎮痛剤の多用は胃腸障害をもたらす原因にもなりえる懸念から、これまで鎮痛剤を多用している人たち、あるいは現在鎮痛剤を服用しているという来院者にはいつもお伝えしてきました。

長期にわたって鎮痛剤の連用は胃腸に相当な負担を掛けるだけではなく、整体施術の効果に対する自覚が薄れるだけでなく、回復が遅くなりますよと。

なぜ回復が遅くなるのか、それは鎮痛剤で痛みを抑えれば抑えるほど、根本的原因が改善されていない状態なのに痛みが軽減されるからということで体を使ってしい、結果的に更に歪みを悪化させてしまうことになるためです。

鎮痛剤の服用量を増やす、坐薬を使用する、ステロイド系の強い鎮痛剤を使用することは決して体の為にはならないということを来院する患者さんにお伝えしてきましたが、その理由がお分かりいただけるかなと思います。

痛み止め・ステロイド剤・筋弛緩剤を使用していても改善が見られない、一進一退の方はお早めにご相談ください。

観身堂の予約電話案内 盛岡整体カイロ エキテンクチコミ

大腿骨頸部の重要性と老後の生活!

歩ける老後の人生を送るために!

老夫婦の老後生活

大腿骨の健康状態が老後の生活を左右する!

今現在、定年後の老後生活をされている場合に、腰から下半身に支障なく歩ける生活ができているでしょうか。

変形性股関節症による痛みで辛い思いをしていなだろうか。
変形性膝関節症で痛い思いをしていないでしょうか。
あるいは足首・足の裏の痛みはないだろうか。

人体では最大の管状骨、これが大腿骨です。

年齢を重ねても大腿骨を丈夫にバランスよく保ち、二足歩行が楽にできることで楽しい人生となります。

股関節痛

骨量が加齢によって減っていくのは男女ともにいえることですが、特に女性の場合は、閉経を迎える50歳頃からホルモンバランスの変化により減少する傾向にあります。

太ももの付け根(大腿骨頸部)に関わる怪我は年々増える傾向にありますが、この要因に、平均寿命が伸びたことによる高齢者の増加と加齢による骨の弱体化が増えたことが考えられるようです。

人体を支えるうえで大きな役割を担う大腿骨(大腿骨頸部・つけ根)に損傷があれば歩行はおろか外出ができなくなってしまいます。

結果、歩行困難による健康生活の支障もあり健康上リスクが大きくなってきます。

そして人体のつくりからいっても大腿骨は骨密度が大きく反映されている部位といえます。

そういうことを考えますと、骨密度を維持すること、アップすることは健康生活には欠かせない条件といえるでしょう。

そのための運動としては日々のウオーキングや状態によってはジョギング効果的でもいいでしょう。

しかし、運動療法を始めるにあたって気をつけなくてはならない三つの条件があります。

☑骨盤の歪みがあって日頃に腰痛を気にかけている人。
☑膝関節に違和感のある人。
☑足首に違和感のある人。

こういう人は運動療法がいいからという理由でウオーキングやジョギングを始めると痛みが増す場合が多々ありますから要注意です。「やってはいけない」

ウエイトマシンなどで行う筋力トレーニングも同じように要注意です。

つまり、運動療法が良いからと言っても筋トレや下半身強化のトレーニングは骨盤や股関節の違和感を抱えたままでやったら後から関節部に痛みを残してしまうことになりかねないケースもあるということです。

観身堂に来院する患者様のなかにはこういった運動療法を始めたことによって関節部の痛みがでて歩行が大変だといってくる方がいます。

骨盤の歪みを正してやりますと股関節痛や膝関節痛が取れていきます。

こうなると運動療法も支障なくできるようになります。

骨密度が基準値より少し低いからということで薬を処方してもらって服用することは多いのですが、実際のところはそれで骨密度が増したというお話しはあまり聞きません。

骨密度を増やすための薬を服用すれば人によっては胃の不調を訴える場合があります。
「しょっちゅう胃の不調と口内炎がでていたがカルシューム剤の服用を止めたらまったく胃の不調も口内炎も出なくなった方がいました」

この方(82歳の女性)は一年後の検査でも骨密度は低下していませんでした。

ここで副作用について述べておきます。
ビスホスホネート(骨密度の薬)に吐き気や胃痛などの消化器不調症状がでる場合がある。

SERM(骨密度の薬)では更年期障害の悪化がみられることがあるようです。

一緒に処方されるビタミンD₃薬は、重大な副作用は少ないのが特徴です。

骨を壊す働きを抑える働きをするということで処方されるビスホスホネートやデノスマブの副作用として、ごくまれに抜歯などの歯科治療時に顎の骨が壊死(えし)するケースが報告されています。

歯科治療を受ける方で上記の薬を服用している場合は、骨を壊す働きを抑える薬を使っていることを伝えたほうが安全かと思います。

稀には非定型大腿骨骨折もみうけられるようです。

骨が弱くなる骨粗しょう症の患者は推計1280万人という推計があります。

そのうち980万人が女性ということですから7割強は女性に多い骨粗鬆症といえます。

骨には、新しい骨をつくる骨芽細胞と古い骨を壊す破骨細胞があり、閉経で女性ホルモンの分泌が減ると、このバランスが崩れて骨の量も急激に減少するという。

近年の報告では、高齢化の影響で男性の発症も増えているようです。

薬の服用が常態化するなかで、その割には骨密度が改善されていないという現状もあります。

そういう意味では薬を服用して副作用のリスクに新たな問題が発生するよりは、食事の治療の見直しをして健康維持に努めるほうが賢明かと思います。

骨密度の食卓

骨を丈夫にする食事の工夫!

カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨の形成に役立つ栄養素を積極的に摂りたいですね。

カルシウムとビタミンDを同時に摂ることで、腸管でのカルシウム吸収率がよくなることは皆さんもご承知のとおりです。

ただ、年を重ねるにつれて食物の好みが変わったり、小食になったりと、タンパク質の摂取量が不足する傾向にあります。

タンパク質の摂取量が少なければ骨密度低下を助長することにもなりますので、意識して肉類や大豆類を摂りたいところです。

基本は薬よりも栄養やカロリーバランスのよい食事を規則的に摂るのが最も効果的です。

♦カルシウムを意識!
牛乳・乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品など
※ 骨粗しょう症や骨折予防のためのカルシウムの摂取推奨量は、1日700~800㎎です。

盛岡整体

◆ビタミンDを意識!
サケ、ウナギ、サンマ、メカジキ、イサキ、カレイ、シイタケ、キクラゲ、卵など
盛岡整体

♦ビタミンKを意識!
納豆、ホウレン草、小松菜、ニラ、ブロッコリー、サニーレタス、キャベツなど

カルシウム、牛乳・乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品など

効果的な栄養を記載してみましたが、骨密度を改善、維持する第一歩は生活習慣の見直しです。

骨を健康に保つにはサプリメントに頼らず、なるべく食事からいろいろな栄養素を取るように心がけましょう。

カルシウムのサプリメントは腸からの吸収が悪く、高カルシウム血症になることがありますから注意したいですね。

カルシュームサプリメントは心血管の病気のリスクを高めるというデータもあるので注意が必要です。

過度な飲酒や喫煙は控え、ビタミンDの活性化に必要な日光浴も少しは取り入れたいところです。

適度な日光浴やウオーキングは骨密度アップにとても有効です。

骨密度と股関節痛

変形性股関節症のページをみる・・・

変形性膝関節症のページをみる・・・

整体&ヒーリング「盛岡整体・観身堂」

盛岡整体

私はこの整体という仕事に憧れて遅まきながらも42歳で始めました。

経験が重なるにつれて身体から発する肉眼では見えないエネルギーを敏感に感じていることに気づき始めたのですが、それが何なのかは確証のないままに月日・年月が流れていきます。

事例・1
何を学んだわけではありませんが、ごく自然に仰向けの患者様の頭部に両手を軽く添えて数分、そうすると患者さまの閉じている目から涙があふれて頬を伝って流れています。

このときの私の体には、
手から腕
➡腕から身体
➡身体から頭にかけてゾクゾクと鳥肌が立つような感覚が走っています。

腕をみるとやはり鳥肌がたっていました。

状況が状況ですが聞かずとも「主人が自殺して・・・・」と語りました。

この方は深い悲しみのなかにいたのですね。

事例・2
身長180㎝、体重80キロの立派な体格の男性を施術している時、一通り施術を終わって最後に仰向け状態で額と頭部に両手を軽く添えていたらこの男性体を震わせながら「嗚咽しはじめて、先生、何ですか?この感情は」と泣き声で語るのです。

このようにどなたに対してでも頭部に手のひらを添えるわけではありません。

判断基準も特になく、ごく自然にそういう動作をしてしまうときがあるだけです。

私の意識とは別な所で働きがあっての動作だと言ったら変に思われるでしょうか。

整体施術後の患者様は通常は「体がスッキリしました。」というような言い方がほとんどなのに、こういうときに限って「心が楽になりました。」という言い方をするのです。

不思議といえば不思議でしょうか。

私自身は、特にヒーラーになりたいとかいうような気持ちはありません。
そもそも無理だと思っていますから。

その理由ですが、私の中でヒーラーと認める人間は世界でも数名だけだという思いがあるからでしょうか。

ですから私自身はヒーリングをするための修行といえるようなことはしていません。

敢えて言えば、サラリーマン時代の30代頃から禅堂に通って早朝に座禅をしていたくらいです。

このときは、朝の6時~7時までの一時間365日殆ど休みなしで3年間勤め上げましたが不思議と辛いとは思いませんでしたし、楽しみの時間でもありました。

老師の教えがスポンジに吸収される水のように心に浸みわたる感覚を感じて何度も涙したものでした。

多分、この3年間がこれまでの私の生き方のバックボーンになっていると思われてなりません。

盛岡整体

この整体業界に身を投じたのも実は偶然だと思ってなく必然だと受け止めています。

何故か業界に入る前のサラリーマン時代から健康に対する興味が強くあり、少しずつ医学書や健康管理関連の書籍を参考にしていました。

人間に潜在している能力は幾多の才能があり、どういう才能が自分に備わっているのかなんて誰も分からないでしょう。

一つのことに真剣に取り組んでみて自分のもてる才能が自然に開花していくなかで、初めて自分のもてる才能に気づくことになるのではと感じます。

また私自身は、決してスピ系の才能があるとは思っていませんし、求めてなれるほど簡単な世界だとは思っていません。

スピ系にもその才能や能力の種類も多種多様です。

そしてスキルの高低、つまりレベルの高低があります。

気をつけたいのは、スピリチュアル面を前面にだしてアピールすればするほど中身が伴っていない実態が露見するのもスピ系の難しい側面だと理解しておきたいところです。

営利主義に走るスピ系は真実から逸脱して危険この上ないです。

私の場合、幼少の頃から次元の異なった世界のことが少しは見えたりはしていましたが、それが不思議だとも思わず訳もわからず成長してきたわけです。

近年の私の実体験ですが、9年前の3.11(東日本大震災、2011年(平成23年)3月11日に発生。)震災の発生一年前から周期的に同じ夢を診ていました。

岩手山が割れて頂上付近から流れるのは溶岩ではなく大量の水です。

そして、プールに水が満たされていくようにと表現すればわかりやすいでしょうか。

海の水位が上がって人里がドンドン水没していくのです。

同じ夢を三度見た時点で「これは大変なことが起きる」としか言いようがない、怖ろしい思いをしたことを今でも絵に書けるほど鮮明に記憶しています。

整体の業界にいる人たちのなかにはヒーラーになりたいと願う方もいます。

なぜかそういう方向に意識が向く傾向にあります。

巷にはビジネスとしてヒーリングセミナーを開講して認定書を与え、それを以って能力を伝授するというケースがたくさんあります。

がしかし、こういたスクールの殆どが期待に値するような内容でもなく実践的では殆ど役立たないことが多い。

というのは私自身が実際にリサーチのために敢えて数種類を受講した経験があるからです。

ヒーリングというのは認定書もらったからとそんな知識を得るような簡単なものではありません。

本来のヒーリングは授与されるものではなく、自分自身が鍛錬のなかで育み開発し、気づくものです。

人からもらったものは失われやすく、実につかず、自分が育んだもの、見つけたもの、気づいたもの、開発したものは永遠に失われることがありません。

毎日の整体施術をするなかで時折、クライアント様のエネルギー状態にマイナス波動を感じることがよくあります。

特に初めて来院する方の場合に+-の程度がハッキリとわかります。

整体を希望してくるときは身体のどこかしら不調でくるわけですからエネルギーバランスも不調になることは何ら不思議ではないでしょう。

巷でのヒーリングという言葉を用いた施術の場合、当然のことのように料金が発生しています。

付加価値を謳えば料金も結構な高額に設定されています。

確かに時間を要するわけですからそれもわかります。

肉体へのアプローチとして行う整体が多い中で直接肉体に触れることなく、あるいは軽いタッチで行うヒーリング整体、あるいは気功も含めてそれぞれに呼び名は違っても内容的なところでは相共通するところがあるでしょう。

巷にはヒーリング整体というようなことでそれを治療のメニューとして営業している整体院も結構あります。

当院は、一般的な整体施術を生業(なりわい)にしている治療院ですからヒーリング整体というメニューは有りません。

しかし、先に述べたようにクライアント様は、程度の差こそあれ肉体的にも精神的にも不調で来院するわけです。

私の場合はヒーリング整体のメニューこそ表示はしませんが、実際は日々の整体施術のなかで見えないエネルギー(邪気)にアプローチしてクリーンにする作業は日常茶飯事のことです。

観身堂のポリシーとしては最初からそうですが、能力の高低、スキルの差異はクライアント様が判断していただければ由としています。

このこと(ヒーリング?)でお金をいただくという考えは全く私自身のなかには全くありません。

ヒーリングをメニューとしている整体院、あるいはヒーリングを専門にしている中には、肉体レベルでの整体は限界があるという意見をお持ちの方もおられます。

だからヒーリングを取り入れているという。

それを言うならヒーリングが全能なのかとなると決してそうではないでしょう。

もし、限界という言葉を使うなら、その治療院の整体技術における限界点がどの程度のことを言っているのかだと思うのです。

お湯を沸かすのに60度が限界のガスコンロなのか。

100度が限界のガスコンロかの違いではないだろうか。

要は、身体にアプローチする整体であってもスキルの限界点がどの程度かによって大きくその施術効果に差異ができると確信するところです。

「ヒーリング整体を5回受けたけど何の変化も感じられず結構な料金を支払っただけです。」といって来院した患者様がおられました。

この方は動悸があってヒーリング整体を希望されたようでしたが改善が見られず、結果的に当院での施術2回で動悸は消失でした。

正しく理解してほしいのですが、ヒーリング整体が勝とか劣るとか、整体が勝とか劣るとかということは一概には言えないという事。

状況によってはヒーリング整体が有効であったり、本来の整体が有効であったりするでしょう。

どんな業種でもどんなサービス業でも、どんな製品でも良品もあれば粗悪品もあるように、整体のなかにも技術的なレベルで言うところのピンキリはあります。

Simple is Bestシンプルイズベスト)これ以上削るものがないという状態までいったら最良の状態という意味の言葉が示しています。

整体もヒーリングも付加価値で云々という余分なアピールなどが無い方が本当の意味で中身のある施術になっている場合があるという所です。

世の中は狭いようで広い。
巷には、メディアで大々的にアピールしなくても中身の濃い施術をしている治療家やヒーリングを取り入れている方もいます。

藁にも縋るおもいでスピリチュアルヒーリングを希望するのは由としても、100%を期待することは危険だということも知っておいてほしい所です。

最後に!要注意!
「何回は来なさい」
「回数券を買えばお得ですよ」
「前世の・・・・・・・」
「水子が・・・・・・・」
「先祖の・・・・・・・」
この類の話しをするような治療院には行かないほうが賢明ですね。

「ヒーリングと魂の医師」・・・読んでみる