補完療法とヨガについて・盛岡滝沢整体「観身堂」

ヨガと瞑想

補完療法とは、医療とはみなされていない働きかけで個人の選択で用いられる健康療法のことです。

様々な選択肢があり、鍼灸・マッサージ、整体、カイロプラクティック、気功法、エステなどのオイルセラピー、サプリメントなど沢山の方法があります。

また、ヨガもそのなかに含められますが、ヨガは呼吸法を非常に大切にしています。

「吸う・吐く」を意識して行うことで外界からエネルギーを取り入れて身体へと充満させ、ゆっくりと深く長く吐いて考えや感情をコントロールしていきます。

「吸う・吐く」以外にも「止める」ことも取り入れられており、自然にあるいは意識的に息を止めて、また吸って身体に取り入れたエネルギーを全身に流していきます。

ポーズを保つときは息を吐いてリラックスし、ポーズを促して瞑想を深めていきます。

意識的な呼吸によって交感神経の働きと副交感神経の働きが整えられ、ストレスの緩和が図られます。

呼吸と自律神経はとても深いつながりがあり、私たちが意識せずともその働きは自動的に為され心身に影響を与えていきます。

このことは医学的にも説明されるところです。

こういったことは、私自身(院長)が30数年以上前に独学でヨガを少しだけ学んだ体験から話せる部分です。

ヨガは、一説によると今から約4500年前にインダス文明(南アジア地域)から始まったとされています。

近代的なヨガが最初に日本に広まったのは今から100年ほど前頃だと言われています。

時代の経過とともに現在では女性を中心として、美しいボディラインをつくることや、若々しく健康を保つための美容や健康のためのエクササイズとして人気があるようです。

観身堂にもヨガのインストラクターの方々が整体のために来院されます。

本来、ヨガは独自の哲学を持ち、瞑想から始まった心身の鍛錬の手段でもあります。

仏陀の瞑想

かつてはインドの地でもお釈迦様(仏陀)が出家したあとに瞑想三昧やヨガ行法三昧に明け暮れて修行していた時期がありました。

自分自身を見つめるためのツールや行法として、現代的なエクササイズという健康法の流行り言葉では語ることのできない奥の深さを秘めています。

ヨガという言葉は「つなぐ」、「結びつける」という意味を持っています。

ヨガは、心と体を結び付けて自分自身を見つめ、サーマディ(悟り:すべてのことから解放され、形や時を超えた悟りの境地・解脱・執着からの解放・心の調和))に到達するための過程であると言えるでしょう。

ここをメインテーマとしなければヨガはただのポーズでしかなくなります。

ヨガ教室内において周りに合わせるあまりアーサナで無理をして体の骨格バランスを崩して観身堂に来院するインストラクターも多いのは考えさせられます。

講師を務めるということは、自分自身が生徒さん以上に心の調和を図り、魂のステージアップしておかなくてはならないでしょう。

その為には、より、プラーナヤーマ(呼吸法)・ディアーナ(瞑想法)が成されていなければならないと思う所です。

そういった意味でヨガは哲学であり、一つの思想であるかもしれません。

きょうも訪問ありがとうございます。合掌

瞑想と花

命の恩人

頸椎棘突起の捻れと頭痛肩こり目眩の関連

五年ほど前(H27年)に来院したOSさん47歳の男性。

頭痛、吐き気、めまい、頭の左右回転が困難、前後も困難、上腕から手までしびれの症状でどうにも為すすべ無しという状態で観身堂に来院頂きました。

整形外科で頸椎がずれているという診断で処方されたお薬が湿布と鎮痛剤で経過観察という。

整体も整骨院もたくさんの治療を試みたようですが改善されなく、一向に回復に向かえず仕事もできずに大変つらい思いをしていたようです。

早速、全身のチェックで確認できたことは、頸椎の5番、4番、3番の棘突起が左右交互に捻れていて頸椎周囲の靭帯と筋肉(僧帽筋)がガチガチに凝り固まっているという状況。

こいう状況でも整形外科では為すすべなく処方箋だけという対処は通常のようです。

OSさんの場合、最初の整体施術で視界がクリアになった。
頭痛が軽減された。
めまいが治まった。
吐き気が無くなった。
という点で大きな変化が見られました。

その後の施術回数が進むにつれて上腕から手にかけての痺れも随分と軽減されていきました。

約3カ月ほどで来院当初の症状が相当無くなり仕事も支障なくできると言います。

最近になって高校生の息子さんを連れてきて整体受けさせていましたが、久しぶりにOSさんと会話しているなかで出た言葉が「観身堂さんは命の恩人なんだよ」と息子さんに話して聞かせていた言葉に驚きました。

恐れ多くも大変もったいない言葉をいただきました。

私ども施術家は患者様が回復されて喜びの表情をみせたときが至福の瞬間です。

そういった意味では患者様から逆に活力を頂いていると実感する次第です。

有り難いことです。
そして『ありがとうございます。』
感謝の挨拶

「ありがとう」は望むのではなく、いつも感謝を伝える言葉でありたい。

産後の鬱(うつ)盛岡滝沢整体「観身堂」

産後うつのカウンセリング

産後うつという言葉を知っている若いママさんたちは多いでしょうし、この言葉が社会にも広く知れわたるような時代になってきました。

10人に一人はその可能性があるというデーターも有りますが、実は誰にでも可能性がある「産後うつ」はどういう状況から発症するのだろうか。

そうならないために、パパが積極的に育児、家事に関わる環境を整えることが大切ですという話題がメディアではよく聞かれます。

確かにそれは大切なことですし、有効なことだと思います。

しかし、観身堂のカウンセリングの経験から言いますと、ご主人がとても良く理解を示し、家事も子育ても協力している家庭内でもやはり産後うつの症状から脱しきれていない事例があります。

「ママがストレスをためない生活」や「育児サポート制度の利用」をするなどして対策を講じている家庭もあるようです。

それで助けられて乗り切れる人もいれば、それでも変わらずにうつ状態のスパイラルに陥っているママさんもおられます。

 

産後うつを乗り切るために!

1 子育てのママには常に努力賞をあげてほしい!

2 日頃甘え下手な人こそパートナーに助けを求めましょう!

3 自分の日頃の考え方、受け止め方、思考の癖を見直してみましょう!

 

心の傾向性(精神思考の癖)に気づけば産後うつは克服できる!

人生は、誰もがそれぞれドラマがあり、一つとして同じストーリーはありません。

そして、深いところでは人生には無駄なもの、不必要なものなど、何一つないでしょう。

小さなことから大きなことまで成功も失敗も、善も悪も、すべてがその人の人生を充実させるためになくてはならないものです。

失敗はその後の成功のために、悪は正しく善を学ぶために、どちらも必要な過程だと思います。

そう考えると、産後うつも、自分が成長していくために超えていかなくてはならない一つの試練だと言えるでしょう。

ここでいう成長とは、拘らない心、執着しない心、決して偏らない心、融通のきく心、その場その場で自由自在に対応できる心のことを言います。

鬱の根本的な原因は心の疲労が肉体にまで及ぼした結果だといえます。

何事も偏った状態によって事態が悪化することは自然の法則でもあり、物事の道理でもあります。

何度も輪廻を繰り返してこの世に生まれてくることの根源的な意味は己の魂の調和にあると考えられないだろうか。

果てしなく長い魂の旅路において、人は誰しも生まれながらにして、前世で犯した罪を背負っています。

だからこそ今生で苦労しても己の心の調和を図る必要があるのでしょう。


参考にしていただければ幸いです。

慣性の法則と心の傾向性