盛岡市滝沢市おねしょ 夜尿症の整体エキテン口コミ県内全域NO1

このエントリーをはてなブックマークに追加
おねしょと夜尿症の説明

おねしょ 夜尿症における骨盤矯正の成果はどういう理由なのか。

本当に変化があるのかどうかその疑問を払拭できます。

寝ている間に尿意を自覚できずに、お漏らししてしまうことを「おねしょ」といいます。
不思議なほど変化が実感できる整体が盛岡滝沢の観身堂

★寝ている間に尿意を自覚できずに、お漏らししてしまうことを「おねしょ」といいます。

★ここでご理解いただきたいのは、赤ちゃんの頃から5歳までのおねしょは、成長過程のものであって個人差があり、決して病気ではないということ。

★一つの目安として言うならば、5歳を過ぎても月に数回以上「夜尿」が続く状態を、診療の対象として小児科では診察しているのが一般的だと思います。

★いわゆる「夜尿症」として区別しているわけです。

★おねしょもそうですが、夜尿症の多くは年齢とともに自然軽快していくことが多いようです。

★ただ、夜尿が身体に悪影響を及ぼすものでないことから、とかく放置されるケースが多いようです。

★問題なのは、夜尿が学齢期まで持続している場合には、夜尿をしていることでお子さまが自信を喪失し、心理面、社会面、生活面に様々な影響を与えることがあるということ。

★幼い心にも結構な重圧がかかっている場合があります。

★このような影響は、ストレスとなり、更に夜尿の治癒時期を遅らせる要因となる場合もありますから、なるべく早く治療してあげた方がよいでしょう。

★但し、医療機関では、夜尿症に有効する薬剤などによる治療ということになります。

★そういったお子さんたちの現況をお聞きしますと、必ずしもお薬による治療で治癒したということではないようです。

おねしょ(夜尿症)改善の対応策!

起こさない!怒らない!焦らない!比べない!

おねしょは、子どものごくありふれた出来事!

☑ おねしょは体の状態にもあり、性格や育て方によるものと決めつけることではありません。
まして精神論・根性論でどうにかなるものではありません。

☑ 治療の基本は!「起こさない、焦らない、怒らない、ほめる、比べない」こと。

☑ 子どもや親御さん自身が自分を責めないことも大事です。
そして、おねしょがなかった日は「ほめて」あげることも大切。

☑ 小児科では血液検査!
臓器に疾患が有るか否かの確認。
薬物治療に適応しているかどうかの確認。

大切な生活改善!

おねしょや夜尿症を治療するときの基本は、生活を改善するというところから見直すことが重要。

その理由は、おねしょや夜尿症の子の約3割程度が生活を見直すことで改善できているから。

規則正しい生活!

親と一緒の夜更かしや不規則な生活は、体調リズムを崩しがちになり、おねしょや夜尿を悪化させますから要注意。

早寝、早起き、決まった時間の食事を心がけたいもの。

朝食と昼食は、しっかり食べさせるのが理想的。

夕食は控えめにして、できるだけ寝る3時間前までに済ませまたい。

寝る前の水分摂り過ぎはおねしょになりやすいので要注意。

しかし、水分は体にとても大切ですから朝食と昼食ではしっかり摂る事。

昼食の後からは水分(ジュース、お茶、牛乳など)を控えめにし、夕食時から就寝までは目安としてコップ1杯程度までの水分摂取にしておきたい。

塩分・糖分の摂り過ぎ注意!

塩分の取り過ぎや、味の濃い食べ物は、のどの渇きから余分な水分摂取につながり、おねしょの原因となりやすので気を付けましょう。

無理に起こさない!

睡眠中や夜中に無理にトイレに起こすと、寝ている時間におしっこをする習慣が体に身についてしまい、おねしょが治りにくい原因にもなります。

欠かせない冷え対策!

冷えは、尿が作られる量を増やし、膀胱に負担がかかり尿意となります。
特に冬場は温かい下着にして、体幹を冷えから守りながら睡眠をとらせたい。

寝る前のトイレ週間!

トイレに行ってから寝る習慣をつけましょう。

布団に入ってから30分~1時間経っても寝付けないときには、足元の冷えをチェック。

温める対策をすること。そしてもう一度トイレに行きましょう。

小児科では!

腎臓や、その他の臓器の疾患の有無を確認するために尿検査、問診、血液検査をおこなう。

状態によっては薬物治療に適応しているかどうかを確認する。

生活改善の指導内容をしっかり守ってもおねしょが改善しない場合、薬物治療を受けるというのが一般的なようです。

おねしょと夜尿症について!

生まれて2歳ごろまでの子供は毎晩おねしょをしますが、その頻度は年齢とともに徐々に減っていきます。

「おねしょ」と「夜尿症」の違いはとなると、年齢で判断するのが一般的でしょう。

赤ちゃんや幼児期のおしっこはごく当たり前のことですが、5歳前後(小学校入学前後)以降は医学的には病気と捉え「夜尿症」と呼び、病気と捉えているようです。

ときどきおねしょをしてしまう程度の比率は
5~6歳で約20%
小学校低学年で約10%と減少。
10歳児でも約5%にみられというデーターもあります。

おねしょの概要

幼児期に、夜寝ている間におもらしをする場合。

(排尿に関わるメカニズムが身体機能的に未熟)

夜尿症の概要

5~6歳を過ぎても月に数回以上おねしょをする場合を夜尿症と表現しています。

おねしょの精神的負担について

実際の所、夜尿は自然に治っていく例が多いようです。
しかし、小学校に入学する時期になって自分を自覚するようになると、夜尿のために子供が自信をなくしたり、心理面や社会面、生活面に影響を及ぼすこともあります。

その子の身体機能的な状態によっては8~16歳の若者においても夜尿症があるという事例もあります。

一見、無関係のように思われがちですが、家族のトラブル、ご両親のトラブルからくる精神的負担が幼い子供の夜尿症というかたちをもって現れてくるケースもあります。

おねしょと夜尿症の改善事例!

おねしょの改善事例について

小学校低学年の子が時々おねしょして大変だという、ご家族からの相談がありました。

その子は一度の整体で「おねしょ」が無くなりました。

夜尿症の整体・重要視は骨盤のバランス!

★先ずは全身の骨格バランスをチェックします!

★骨盤左右の捻れ具合。左右骨盤の上下のスライド具合!

★脊柱(背骨)の歪み度チェック!

★脊柱一個一個の圧迫度チェック!

★足の裏から首まで全身のマッサージ!

★最後に骨格の歪み部分を矯正します。

おねしょ・夜尿症への整体効果理由!

★膀胱系、泌尿器系は骨盤の中に位置して歪みに影響されている!

★背骨の歪み、圧迫は脊髄からの末梢神経を圧迫して機能障害となる。

★上記のような歪みと圧迫を開放することで神経系統の働きが正常になり、括約筋の働きや膀胱筋の働きが著しく良くなる。

★括約筋とは、腸や膀胱、婦人科を支えている筋肉の事です。

★括約筋が正常に働けない大きな理由の一つに「骨盤の歪み」があります。

★この括約筋は、妊娠や出産を機に緩んでしまって尿漏れする人もありますが、骨盤矯正をしますと、数回でほとんどの女性が尿漏れから解放されます。

★これと同じように、幼児の夜尿症も骨盤を正してやりますと本当によく「おねしょ」が改善されます。

★おねしょ、夜尿症などでお困りの方は是非一度、観身堂の整体を受けてみてはいかがでしょうか。
お待ちしております。

盛岡市と滝沢市以外にもたくさんの県内外地域から来院頂いております。
花巻市 石鳥谷町 紫波町 矢巾町 北上市 奥州市 水沢区 前沢区 胆沢区 江刺区 金ヶ崎町  岩手町 八幡平市 一関市 一戸町 岩泉町 大槌町 大船渡市 宮古市 釜石市 軽米町 久慈市 葛巻町 九戸村 住田町 田野畑村 遠野市 西和賀町 二戸市 野田村 山田町 陸前高田市 洋野町 藤沢町 普代村 宮城県 仙台市 名取市 大仙市 大曲 秋田県 秋田市 田沢湖町 横手市 青森県 八戸市 白銀町 三沢市 三戸町 十和田市 仙台市 福島県 山形県 東京都 埼玉県 千葉県 新潟県 京都市 名古屋市などです。

観身堂の電話予約 エキテン口コミ第一位