整体と整骨院(接骨院)の違い 盛岡滝沢の観身堂は本格派の整体

整骨院の電気療法

  • 整骨院では保険が適用になる症状とそうならない症状がありますからすべて保険が使えるのではありません。
  • 整体は保険が使えません。
  • これは国家資格を取得しているか否かの違いです。
  • しかし資格の有無と技術の高低は別な問題です。

整体と接骨院業界の実状

  • 整体の予約電話をいただいた時に「保険は使えますか?」という質問をいただくこともありますが、整体院では保険は使用できません。
  • 保険が使えるのは整骨院(接骨院)です。
  • 以下の文章では整骨院と接骨院を同じものとして読み進めてください。
  • 整骨院(接骨院)でも保険が使用できる条件は限られています。
  • また、整体院と整骨院の厳密な違いは、保険が使える、使えないだけではありません。
  • ここでは、整体院と整骨院の違いや整骨院の保険適応範囲についてご紹介しておきましょう。


  • 整骨院というのは「各種保険使えます」という看板を出していますからわかりやすいかと思います。
  • 基本的に整骨院では柔道整復師という国家資格のある人が治療(柔道整復術)をおこなうところ。
  • あくまでも保険の適応範囲内のケガによる症状であれば保険が使えます。
  • 但し、医師ではありませんからレントゲンなどの画像検査や手術、薬を出したりすることはできません。
  • 注意したいのは、保険適用外の施術は「全額自己負担」になりますということ。
  • 足首を捻った捻挫やスポーツなどによる肉ばなれなどは保険が使えますが、慢性の腰痛や肩こりなどは保険が使えないことになっています。
  • 先にも述べましたが、整骨院が医療保険で治療できるケガの種類は限定されています。
  • 腰や肩が痛いからといって、どんなものでも保険が使える訳ではありません。

整体と整骨院の技術的なレベルの実態!

  • 施術の内容については整体も整骨院も痛みを取る事を目的として行っているという意味では何ら変わるものではないと思います。
  • 整体だからただ単に疲れを取るためだけだということはないし、整骨院だから痛みを取ることを目的としているということではないでしょう。
  • しかし、整体の業界も整骨院の業界も本当に患者様が望むようなレベルで痛みが取れているのか、疲れが取れているのかとなると全体の一割あればよい方だと思います。
  • つまり、百店舗あれば技術的に満足できるようなレベルの院が10店舗あったら御の字だということです。
  • それくらい技術的なレベルには高低差があり、ハイレベルの治療院となると非常に稀であるということが言えます。
  • 患者様のお身体をチェックしますとどういう状態なのかははっきりとわかります。
  • 「他院で治療を受けていました」といって来院した方のお話を聞きますと、「盛岡から新幹線で東京の整骨院に月に二回ほど通院して約半年経ちましたが全く症状が良くなれません。その先生は某野球球団のトレーナーをやったことのある先生で予約がなかなか取れないんです。」ということでした。
  • 交通費+治療代金(一回5万円)をかけてこの身体の状態を見た時は何のための治療だったのかと疑問が残ります。
  • この方(女性68歳)の場合、観身堂に初めて来院したのが令和元年12月です。
  • 歩く時に膝に痛みがあるために体が左右に揺れています。
  • 腰から下半身は坐骨神経痛、変形性膝関節症による痛み、歩くたびにつま先の痛みが有り、強度の腰痛あり、左大腿二頭筋に硬結(張り)あり、肩甲骨の痛みと肩こり、全身のこわばり、などなど多くの症状があり重症の患者さんでした。
  • 年が明けて1月30日までで8回の施術を行いました。歩く時の左右の揺れが無くなりました。
  • 夜に寝る時仰向けで眠れるようになり、鎮痛剤無しで朝まで熟睡できるといいます。
  • 随分とご本人は喜んでおられますが、まだまだ先があります。
  • 正座ができるところまでを目標としましょうと話して来院頂いています。
  • 整骨院も整体院も、自己ピーアール、宣伝が上手なことと、ハイレベルな技術のもちあわせは別問題だということをご理解いただければと思います。
  • 必ずしもテレビや他のメディアでで取り上げられたからとか、有名だから技術てきに高いとは言えないし信頼できるということにはなりません。
  • 残念なことに一般の方々はその実態を見抜くことなどできないですね。

整骨院の保険適用について!

  • 整骨院で医療保険が使えるのは、原因や負傷日がはっきりしている下記の様なケガです。


急性・亜急性

  • 急性外傷とは、スポーツなどで足首をひねったり、物を持つときに腰が痛くなったりなど、急激な外力により怪我をしたもの。
  • 亜急性外傷とは、何かしらの微細な外力が体に蓄積してある日突然痛みを発症する怪我のことで、使い過ぎや使い方の間違いの繰り返しなどで起こります。

 

  • ねんざ、肉離れなどのケガ。
  • 外因的な負傷、繰り返しの外力での痛み。
  • ひねった・ぶつけた→捻挫・打撲
  • 突き指やスジ違い→捻挫
  • ぎっくり腰・寝違え→腰部捻挫・頚部捻挫
  • 骨折・脱臼
  • スポーツをしていての痛み
  • 繰り返しによる使いの痛み
  • 疲労によるものや慢性的な症状ものは対象外(全額自己負担)になります。
  • 疲労からくる腰痛や肩こり(頭痛などは一般的に発症しやすい症状ですが全額実費負担で保険不適用になります。)

柔道整復師の施術を受ける時の療養費!

  • 保険を使えるのはどんなとき?
  • 整骨院および接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(肉ばなれを含む)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
  • 但し、骨折及び脱臼の処置については緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要。
  • 近年は脱臼や骨折については整形外科でレントゲンを撮ってから処置をするケースがほとんどです。
  • 整骨院で治療をうけるときの注意。
  • 単なる肩こり、筋肉疲労などによる慢性症状については保険の対象になりません。
  • このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になりますから承知しておく必要があります。
  • ケガなどによる急性症状としてであれば肩こりや腰痛でも保険適用になるようです。
  • 慢性的な症状なのに保険適用して施術を受けたとなるとこれは整骨院の保険不正適用ということになり違反事案となります。(不正請求の事件がちょくちょく報道されています)
  • 柔道整復師が患者に代わって保険請求を行うため、施術を受けるときには、必要書類に患者のサインをいただくことが必要となります。
  • 保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中は、施術を 受けても保険等の対象になりませんのでご注意を。

整体とは?

  • 一口に言うと、民間療法といわれたり、補完療法という範疇に属します。
  • 民間資格などをもった施術者が施術をおこなう施術療院。
  • 整体やカイロプラクティックのジャンルでは柔道整復師のような国家資格の有無は関係なく、また必要もありません。
  • 整体は代替療法と呼ばれることもあります。
  • 整体院を医療機関と間違えておられる方もいますが、整体院は医療機関ではありません。
  • 従って医療行為はおこなえませんし、保険も使えません。
  • 整体院では一般的に手技で施術をおこないますが、近年は機械器具の使用や電気療法を取り入れている整体院やカイロプラクティックも増えてきました。
  • 筋肉や骨格の歪みを矯正したり、全身のバランスを整えて自然治癒力を高めるということを旨としているものです。
  • しかし、実際のところはそれぞれの療術院の技術的なレベルはピンキリで高低差があります。
  • このことは整体やカイロプラクティックに限ったことではなく、整骨院(接骨院)でも同様です。
  • 整体では慢性の腰痛や肩こり・偏頭痛・坐骨神経痛・ギックリ腰の改善、猫背などの姿勢の矯正などに利用する方も多い。
  • 接骨院にて治療をお受けになった方なら施術内容がどのようなものなのかわかっているかと思います。
  • すべての方ではありませんが、観身堂に来院された方々の多くは整骨院での治療を経験されたことがあると言っております。
  • 電気療法(低周波・超音波)にくわえベッドローラ・牽引・ホットパック・患部に限定したマッサージ)などが代表的なところのようです。

整体という言葉の普及について

  • 近年は接骨院でも「整体」「骨盤矯正」という言葉を使用するようになり施術のなかに取り入れるようになってきました。
  • 但し、骨盤矯正と一口に言ってもその内容は院によってかなり異なっています。
  • 整骨院では先に述べたように保険適用の対象外の慢性的なコリ・張り・腰痛・肩こり・偏頭痛などその他の症状に対しては実費負担しなくてはなりません。
  • こういう症状なのに急性のケガのように偽って申請すればこれは不正請求になり詐欺罪で処罰されることになります。
  • ですから整骨院で施術を受けても実費負担の内容であれば最終的に会計をするときには整体院で施術を受ける料金と何も変わらないか、もしくは割高になっている場合もあります。
  • 整体も整骨院も基本的には症状を緩和すること、改善されることを目標として取り組んでいることに変わりありません。
  • ただ、その内容はとなると必ずしも一様ではなく、目指すところは一緒であっても施術内容が相当に開きがある場合もあります。
  • 大切なことは患者様にとってどれだけ楽になれたか。
  • 症状が改善されたかではないでしょうか。
  • 国家資格をもった柔道整復師の施術者がいるから技術的に勝っているということにはなりません。
  • 整体院だから技術が高いということも言えませんし、民間療法の整体師だから劣っているということもありません。
  • 要は資格の問題ではなく、施術の結果についてはあくまでも施術に当たる柔道整復師や整体師がどれだけ患者様の現況を把握し切れているか、適切な対処、施術ができているかに尽きます。
  • 人間の体は正直です。
  • 適切な施術内容であれば患者様が期待する結果が出やすいものです。
  • 症状の改善は国家資格の有無でもなく、民間資格の問題ではありません。

整体と整骨院の効果的な利用方法!

  • 痛みや違和感などの体の不調を感じたら、症状によって原因を確定するためにも、まずは病院で診察したほうが良い場合もあります。
  • 整骨院を利用するにあたっては事前に医師に確認した上で、保険適応範囲内の外傷(ケガ)の時に利用するのがいいかと思います。
  • また、保険適応外の症状の場合は自費診療(全額自己負担)を受けることができる整骨院もあります。
  • このようなケースは民間療法の整体やカイロプラクティックで同じように利用すればよいかと思います。ただ、医師によっては民間療法、補完療法、代替え療法に反対する方もいます。ここで一つだけお伝えしておきますが、観身堂には脳神経内科の医師、総合医療の医師、小児科の医師、外科の医師、歯科医師が来院して施術を受け改善されてもなお、身体のメンテナンスのために継続しておいでになっています。
  • これまで整体院を利用している方々のお話しを聞きますと意外と多いのが「整形外科や整骨院には通ったけど改善できない」というお声です。
  • ちなみに観身堂に来院してくる患者様のなかには、整体も整骨院も行ったことがないないという方もおられますが、多くの方は様々な施術を受けたけど改善されなかったという比較的重症か中度症の方も多いです。
  • つまり病院や整骨院で改善しない慢性症状や原因が不明な症状などを改善したい人たちが整体を利用するケースが多いという現実もあります。しかし、現実には整体とは一口にいっても技術のレベルは非常に高低差があります。

国家予算としての医療費について!

  • 最後に平成26年度の医療費は約40兆円ということで公表されています。(労災、全額自費等は除く)
  • 未来の子供達に負の遺産を残さないためにも、整骨院の保険適応範囲を知ることは大切なことだと思います。
  • 整体院と整骨院ではどちらに通院した方がいいのでしょうか?このようにお考えの方もおられます。
  • これは一概にどちらとも言い切れません。
  • その理由は、整体師でも柔道整復師でもカイロプラクターでもマッサージ師でも最終的に患者様が改善できるのは治療家の技量によるからです。
  • いずれにしても自分が良いと思える治療院を選択できればいいですね。
  • 効果的に利用して、一日でも早く症状が改善されることを願うところです。

営業内容について!

  • 最近は業界の中において回数券をお奨めする整体院や整骨院が見受けられるようになってきました。
  • 一回6000円で5回券を買わされたといって後悔しておいでになる方が観身堂においでになったことがありました。
  • 金額こそ違いますが、同じような内容のお話しが何件かありました。
  • 回数券が残っていても返金はできないといいます。
  • かなり営利主義に徹した営業方針だと感じますが、それぞれの営業方針といわれれば何とも返す言葉もないでしょう。
  • 施術の結果については受けてみないとわかりません。
  • しかし、5回券(30000円)を使い果たして期待通りに改善結果が伴うのなら失望することもないかと思います。
  • 現実はなかなか期待通りといかないようです。
  • そして押し付けられた感が強くなり後悔の気持ちが強くなるばかりです。
  • 大切なことは一回、一回、その都度施術料を支払うことが安全だという事。
  • 病院に行って回数券を買わされることはありませんね。
  • 治療院を開院するときに、そういった集客方法や売り上げアップするためのノウハウばかりを追求するからそういうシステムを取り入れるわけです。
  • 因みに、観身堂では、回数券の推奨販売やサプリメントの販売、健康器具等の販売は一切おこなっておりません。
  • 安心してご来院ください。

観身堂の整体施術は!

  • 観身堂では足の裏から、ふくらはぎ、太腿、腰、背中、肩、肩甲骨、腕、首と全身を丁寧にほぐします。
  • それだけではなく、患部については特にピンポイントのアプローチも行い根本原因を特定して施術を行います。
  • 手や腕のシビレ・痛みのため整形外科や接骨院での電気療法、あるいは整体やカイロなどを経験された方で、観身堂のように胸鎖関節の亜脱臼調整及び頸椎の棘突起一つひとつの捻じれを調整及び仙腸関節の調整をしていただいたことがあるという方は未だにおられません。
  • それもそのはずで、これらの技術は観身堂のオリジナルテクニックだからです。
  • これらの技術については観身堂に来院いただいて初めての経験だとおっしゃいます。
  • この技術は想像以上の好結果を実感できます。
  • 電気療法や温熱療法、マッサージ、従来の矯正などでは中々改善しきれないシビレや凝り・痛みが早期改善できる技術であり、継承していかなければならないハイレベルの整体技術ととらえております。
  • 是非一度ご体験ください。

観身堂の電話予約

エキテン口コミ第一位

  • 盛岡市と滝沢市以外にもたくさんの県内外地域から来院頂いております。
    花巻市 石鳥谷町 紫波町 矢巾町 北上市 奥州市 水沢区 前沢区 胆沢区 江刺区 金ヶ崎町  岩手町 八幡平市 一関市 一戸町 岩泉町 大槌町 大船渡市 宮古市 釜石市 軽米町 久慈市 葛巻町 九戸村 住田町 田野畑村 遠野市 西和賀町 二戸市 野田村 山田町 陸前高田市 洋野町 藤沢町 普代村 宮城県 仙台市 名取市 大仙市 大曲 秋田県 秋田市 田沢湖町 横手市 青森県 八戸市 白銀町 三沢市 三戸町 十和田市 仙台市 福島県 山形県 東京都 埼玉県 千葉県 新潟県 京都市

2020年9月19日

Posted by 観童