盛岡市と滝沢で腰痛専門の整体・技術と結果と信頼で開院29年

腰痛に特化した観身堂オリジナルの整体技術で支持を頂いております。
慢性腰痛などの根本的な原因は骨盤の歪みによる起立筋の張りにあります。
患部と全身の丁寧なほぐしと骨盤矯正は全て手技による本格整体です。

盛岡 腰痛 整体  滝沢市 花巻 遠野 北上

腰痛の原因とは・・・続きを見る

腰痛の症状について

腰痛の程度は個人差があっても短時間の腰痛から慢性的な腰痛までさまざまです。

◆ 疼痛があり時には仕事が無理な状態まで辛くなる。

◆ また時にはそれほど辛くもなく我慢できる程度の苦しさで治療に行こうとは思わない。

◆ 朝の起きがけが一番痛く、動き出せば徐々に痛みが軽くなる。

◆ 午後や夕方になって疲れると腰痛がおきる。

◆ 激痛が走る。
◆ シビレがある。
◆ 足の皮膚感覚が薄い。
◆ 腰の痛みが下半身にまで伝わって歩行が辛い。

このような状態を繰り返しながら徐々に悪化していきます。

◆ そして後半は一気に歩行が辛くなったり、足を引いて歩く状態まで悪化していく。

◆ 慢性腰痛からぎっくり腰を起こす方も結構多いです。

◆ 腰痛は筋肉疲労がピークに達した時に起きやすいですが、これも筋肉の問題ではなく、元々は骨盤のアンバランスが根本的な原因でとなって腰部の筋肉に掛かる負荷が取れにくくなった結果として腰痛・腰痛症という場合が多いのです。

◆腰痛の場合、腰部の起立筋から背中にかけて、あるいは腰から下半身(臀部・太腿)にかけて筋肉をほぐすことはとても有効なことですが、それだけでは根本的な改善にはなりません。

◆根本的な腰痛の早期改善に欠かせないのは骨盤矯正です。
歪んだ骨盤を正しく矯正してバランスを整えることで筋肉への余分な負荷が取れて早期改善、根本改善になることをご理解ください。

腰痛整体と仙腸関節について 盛岡滝沢の観身堂

知識や理論で終わらない観身堂の本格整体

◎100%の手技です。早期の改善結果に期待できます。

◎腰痛の患部を中心に全身の丁寧なほぐしをフルコースでおこないます。

◎ご要望のピンポイントまで見逃すことなく施術いたします。

◎患者様の好みの強弱に合わせていかようにも調整可能。

◎腰痛の根本原因である骨盤のアンバランスを矯正します。

◎当院の骨盤矯正は巷でいわれているようなストレッチ的な操作でもなく、腰椎の矯正だけで骨盤矯正と称するものでもありません。

◎本当の骨盤矯正は実際に仙腸関節を本来の位置に動かして整える内容をいいます。
しかし、怖がるような痛みはありませんからご安心ください。

下の写真黒丸部分が仙腸関節(仙骨と腸骨の接点)です。
仙骨は・背骨を支えている骨盤中心部の骨。
腸骨は・左右の骨盤を指します。
※腸骨は上からの体重を支え、下からの突き上げの為に上方スライドしやすい構造になっています。
盛岡整体 仙腸関節

☑そのために人によっては腸骨が上方スライドした分だけ左右いずれかの足が短くなっている場合があります。

☑もう一つは、腸骨が後ろに捻じれて腰痛を発症している場合もあります。
これも骨盤全体の構造上の理由によるもので、腸骨は後ろに捻じれることはあっても前には捻れることはありません。

☑捻じれと上方スライドという歪みを観身堂の整体では実際に骨盤(仙腸関節)を動かして矯正いたします。

☑腰痛に対する施術前と施術後の違いを体で実感していただけます。

施術の流れ!

全身のほぐし

足の裏⇒アキレス腱⇒ふくらはぎ(ヒラメ筋)⇒太腿裏(大腿二頭筋)⇒腰部(起立筋)⇒背筋⇒両肩⇒肩甲骨⇒頸部(首)⇒両腕の順で全身丁寧に約50程度かけてほぐします。患部は特に丁寧に。

正常な骨盤と歪んだ骨盤の画像

★うつ伏せで足の長さをチェック(右足が上方に約2センチ上方にスライド)原因は右骨盤が上方にスライドした結果。

★うつ伏せで足の長さをチェック(左足が上方スライド)原因は左骨盤が上方にスライドした結果。

長座で骨盤の歪みをチェック

★長座で左右踵(かかと)の位置を確認(骨盤が捻れるとそろわない。)

★骨盤位置正常化のための矯正と腰椎の矯正を行います。(実際に骨盤を動かします)

★胸椎の矯正、頸椎の矯正も併せて行います。

★ほぐし・足の裏⇒アキレス腱⇒ふくらはぎ(ヒラメ筋)⇒太腿裏(大腿二頭筋)⇒腰部(起立筋)⇒背筋⇒両肩⇒肩甲骨⇒頸部(首)⇒両腕の順で全身丁寧に約50程度かけてほぐします。患部は特に丁寧に。

★矯正は恐怖感を抱いたり、痛みを伴うような内容ではありません。

ご安心ください。

施術後は全身の爽快感と腰痛の減少でスッキリとした気分でお帰りになれます。ご期待ください。

腰痛の原因!

(1)単に腰部筋疲労性の腰痛
(2)椎間板ヘルニアの影響によると言われた腰痛
(3)脊椎側湾症の影響によると言われた腰痛
(4)骨盤アンバランスの影響による腰痛
(5)内科、婦人科の不調による腰痛
(6)椎間板ヘルニア、脊椎側弯症、脊椎狭窄症、脊椎すべり症、分離症などは骨盤の左右上下の移動、前後の捻じれによって発症するところが大半を占める。

骨盤アンバランスは筋肉に対し不必要な負荷をかけて疲労がとれずに蓄積した結果として腰痛を訴えるようになります。

またギックリ腰もその延長上にある。

腰痛患者の現状!

★腰痛の患者さんがあまりにも多いため説明が少し長くなりますけど大事な内容と思いますので関心のある方は読み進んでください。

★先ず、腰痛の主な原因としては、骨格や筋肉の異常に基づくものがとても多いです。

★まれには、内臓の異常に基づくものもあります。

★腰痛は加齢に伴って増えるとは限らず、若い人にも、子供にも結構みられます。

★その原因はスポーツなどの影響による骨盤のアンバランスによるものが大半です。

★観身堂で日常よくみる腰痛の患者さんは、医学的原因が不明であったり、レントゲンや他の検査で、骨の変形などの所見があるため、これとすぐ結びつけられて、変形性腰椎症、腰部椎間板症、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)など種々の病名をつけられることが多いようです。

★こうした理由から、手術以外に方法はないといわれて観身堂へ来られる方がおられます。

★改善は無理かなと思っていたと語る患者さん自身が、当院の腰痛整体で想像以上の改善の速さに喜んでいる姿を見るのは共に嬉しいものです。

★このように改善していくとき、いつも検査の異常と症状を簡単に結びつけて判断してはいけないなと感じることがよくあります。

★腰痛の原因が病気によるものと明らかである場合は、西洋医学的に治療方法が確立されているケースについてはそちらを優先させたほうがよい場合もあるでしょう。

★一般的に痛みに対する病院の治療としては、鎮痛剤の服用、その他、湿布、温熱療法、電気療法、牽引などの物療が併用されています。

★この点はこのページをご覧になっているあなたもご存じかと思います。

★したがって、そういう症状や薬による治療のリスクを知ったうえで別分野である私たちの整体療術を試みることは大いにお勧めしたいところです。

★その理由は観身堂においでになる方々は施術をすることによって体がリフレッシュできてさらに痛み、凝り、しびれなどの症状が改善することを知っているという事実があるからです。

★椎間板ヘルニアの手術の場合も、痛みやしびれが軽減する方もあれば逆に悪化して車椅子の生活を余儀なくされている方も現実にいます。

★手術の功罪と云いましょうかリスクが伴うことも当然の理です。

★手術を選ぶ前に当院の腰痛整体を体験されてみてはいかがでしょうか。

腰痛症について

腰痛に対する医学的な見地からの一般論を述べてみますと、8割の人が経験するといわれていて「背骨をサポートする腹筋や背筋といった筋力の衰えは、腰にとって“致命傷”になる」と説明しています。

併せて「特に男性より足腰の筋力が弱い女性に腰痛が多い」とも説明しています。

さらに「女性は、40代半ば以降に閉経期を迎えることで女性ホルモンの分泌が減り、骨がもろくなる骨粗鬆症のリスクが高まることで骨が弱くなると腰に負担がかかりやすいといったことも、女性に腰痛が多いひとつの理由」と述べています。

但し、MRIなどの画像診断によって腰痛のほとんどは厳密には特定されないことも多く、原因がよくわからないケースが多いというような表現をしています。

実際に観身堂に来院する男女の比率はとなると五分五分です。

決して男性が多いわけでもなく女性が多いことも有りません。

整形外科による画像診断によって原因が特定されている腰痛は全体の約15%程度だとされています。

残りのおよそ85%は、検査をしても原因が何か特定できない腰痛というケースになります。

腰痛に関する最近の医学的説明では、疲労や筋肉の衰え、生活習慣やストレスなどの心理的影響が、この『原因不明の腰痛』にあたると言うようになってきました。

確かにストレスによって一時的な腰痛もありますし、慢性的な腰痛もちの方もおられます。症状が顕著に自覚される事例もあると思います。

しかし日々、実際に腰痛治療に向き合っていますと、ストレスを抱えて生活しているクライアントさんでも数回の整体によって腰痛が改善される事例や消失する事例はたくさんあります。

社会の中で働きながら生活することはストレスとともに生きることでもあります。

ストレスが掛かっていても腰痛は改善される。

そういう意味では、必ずしも腰痛がストレスによるものとも言い切れないし、原因不明とも言い切れません。

腰部の筋力が弱いことが腰痛の原因だと診断する医学的な見地もあります。

しかし腹筋が弱いから腰痛になると言い切れるものでもありません。

原因
腰痛症の原因はさまざまですが、先に述べたように画像診断によって特定される原因で15%の代表的なものは、「腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがあります。」

この説明が医療現場での説明です。

その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。

一方で、残りの約85%は、レントゲンやMRIなどの検査をしても原因が特定できないというケースです。

原因が特定できる腰痛について!

腰痛を発症する原因としてもう少し詳細に延べてみます。

☑腰椎を直接障害するもの。
☑腰椎を障害しないが、臓器の周囲にある神経を刺激するもの。
☑腰部の筋肉を疲労させる骨盤の歪み。
☑腰椎靭帯や筋肉に負荷の掛かる原因となる腰椎の捻れと圧迫。
などがあげられます。

腰椎を障害するものとしては腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄・背骨の骨折などが代表的なところです。

只、怪我は別として診た根本的なところでは骨盤の後方捻転や左右どちらかの骨盤に上方スライドが最も大きな原因の場合が多い。

それ以外では骨への細菌感染やがんの骨転移といった命にかかわる危険な病気も含まれルでしょう。

したがって、“たかが腰痛”と考えず、医療機関でチェックすることも安心材料としてよろしいと思います。

一方で臓器の周囲神経を刺激して腰痛となる病気としては。

☑胃潰瘍など消化器系の病気。
☑尿路結石など泌尿器系の病気。
☑子宮筋腫などの婦人科系の病気が起因している場合があるでしょう。

坐骨神経の場合は、神経を圧迫・障害し、腰だけでなく脚や太腿裏、ふくらはぎ、など下半身にしびれや痛みが生じている状態を言います。

盛岡滝沢以外の地域から来院頂いています!

花巻市 石鳥谷町 紫波町 矢巾町 北上市 奥州市 水沢区 前沢区 胆沢区 江刺区 金ヶ崎町  岩手町 八幡平市 一関市 一戸町 岩泉町 大槌町 大船渡市 宮古市 釜石市 軽米町 久慈市 葛巻町 九戸村 住田町 田野畑村 遠野市 西和賀町 二戸市 野田村 山田町 陸前高田市 洋野町 藤沢町 普代村 宮城県 仙台市 名取市 大仙市 大曲 秋田県 秋田市 田沢湖町 横手市 青森県 八戸市 白銀町 三沢市 三戸町 十和田市 仙台市 福島県 山形県 東京 埼玉県 千葉県 新潟県 京都市 名古屋市などから。

観身堂の電話予約 エキテン口コミ第一位

2020年9月25日

Posted by 観童