盛岡整体 椎間板ヘルニア専門整体院で腰痛改善・滝沢市の観身堂

このエントリーをはてなブックマークに追加

椎間板ヘルニアがあっても腰痛は改善可能。
腰椎の圧迫と捻じれを整える骨盤矯正は神経圧迫を開放して痛みが楽になれます。
椎間板ヘルニアによる症状に特化した整体は観身堂オリジナル技術で多くの重症患者様から支持頂いております。盛岡滝沢 

盛岡 椎間板ヘルニアの画像 整体

盛岡整体 椎間板ヘルニア

重いものを持つと腰から下半身にかけて鈍痛がある。
何かの拍子に急に立っているのが辛いほど腰痛がある。
日常的に腰痛や下半身の鈍痛、しびれがある。
寝ていても腰痛があり寝返りも辛い時がある。
お風呂に入ってゆっくり温めると痛みが一時的に楽になる。
整形外科でレントゲンの結果は椎間板ヘルニアと診断された。
痛み止め・筋弛緩剤・冷湿布・胃薬を処方されて服用しているがさっぱり改善されない。
整骨院で電気療法、牽引、ホットパック、部分マッサージをしてもらってもその時だけで快方には向かわない。
これまで整体を何か所か試みたがやはり腰痛・下半身の痺れの改善には至らない。
為すすべなく痛みと何年もつきあっていて諦めている。

 

観身堂の施術内容!

椎間板ヘルニアの診断を受けた方でも腰部椎骨の圧迫をとって捻れによる歪みを整えれば痛みは軽減、消失できます。 

観身堂の整体は足の裏からふくらはぎ、太腿、腰、背筋、肩、肩甲骨、首の順に全身のほぐしを行います。

更に患部の凝りをピンポイントで丁寧にほぐします。

骨盤矯正(仙腸関節部)によって腰椎への負荷を軽減します。

これは骨盤の捻じれや上下の移動によって崩れたバランスを正しい位置に調整するための操作です。

その意味でストレッチ的な操作で矯正だと称する手法とは根本的に内容も結果も異なるもので、実際に骨盤の仙腸関節を手技によって動かします。

施術後の改善速度や結果については「百聞は一見に如かず」実際に体験していただくことをお勧めするところです。

腰痛は椎間板ヘルニアが原因とは限らない!

腰椎は一番から五番まで5個の椎骨からなり、上半身の加重を支え、脊柱のなかでも最も大きな負荷を受けもっています。

身体を左右に捻じったり、前後に倒したりする動作の時に腰椎の可動域が大きくなること、更に上半身の加重が5個の腰椎に掛かっていることで椎間板の障害を起こしやすい。

もう二点、大きな要因として忘れてならないのは、左右の骨盤の一方が後ろに捻じれた場合に腰椎に掛かる負荷が倍増するということ。

もう一点、左右骨盤の一方がスライドして上方に移動した場合(スライドした分だけ足が短い)も腰椎に掛かる負荷が倍増します。

骨盤は家でいえば、柱を支える基礎に当たります。

基礎が歪んでいれば柱を支える土台や、その上に立つ柱がまっすぐに立っていられません。

この物理的理論はまったく人間の体にも当てはまります。

椎間板ヘルニアは椎間板に亀裂が入って、内部の髄核が突出してそれが神経組織を圧迫している状態をいいます。

通常、激しい腰痛と片側の下肢痛・しびれ感を引き起こすといわれています。

後ほど説明しますが、腰痛、下半身の痺れ、疼痛などの原因は必ずしも椎間板ヘルニアが原因とは限りません。

整形外科にて椎間板ヘルニアと診断されて観身堂に来院した競輪選手が2ヶ月で完全復帰した事例があります。

彼は半年後に再度MRIを撮りましたらヘルニアが消失していました。

こういう事例は観身堂のこれまでの年臨床事例からしてまったく珍しいことではありません。

ようやく近年、椎間板から脱出した髄核が縮小・消失する自然消退の過程をとる場合があることが医学的に確認されてきましたが、しかし、いまだそれに要する期間や完治する割合、その理由が明らかになっていないのが現状です。

こういう事実に対する理由、理論は観身堂では開院当初から来院者にわかりやすく説明してきました。

本当の原因は?

以下の二つが医学的な説明。

椎間板ヘルニアは、あるひとつの原因で起きるわけではなく、いろいろな因子(多因子)が影響して発症します。

重労働・喫煙などの環境因子や遺伝的因子の影響があると考えられている一方、スポーツの影響は不明です。

大きな原因は骨盤緒歪みにあり!

体(脊柱)に掛かる負荷、つまり労働や運動、そしてライフスタイル、食事や嗜好品(お酒やたばこ)なども一因として否定はできないでしょう。

しかし、最も大きな原因は他にあると思います。

それは骨盤のアンバランス(上方スライドと捻れ)による腰椎への負荷です。

先に一部説明してありますが、ここでもう一度骨盤が歪むということについて解説しておきます。

骨盤はその構造からいっても物理的にみても上半身の体重を支え、下半身からの突き上げがある関係でスライドして上の方向に滑りやすいものです。
これはうつ伏せ状態で左右の骨盤の位置を確認すれば簡単に確認できます。

加えて足のつま先と踵(かかと)の位置をみれば左右どちらかの骨盤がスライドして上方移動した方のつま先が短くなっているのが確認できます。

もう一つの大きな原因は、骨盤の捻れです。

うつ伏せになった状態で左右どちらか骨盤に後方への捻れがあれば水平ではなく、若干の出っ張りが確認できます。

これは左右どちらかの骨盤が真ん中にある仙骨(背骨を支える骨)から離れて亜脱臼状態にあることを意味します。

捻れと上方スライド、この二つが発生することで腰椎とその部位の起立筋には相当な負荷が掛かったままにあるわけです。

つまり、上記のような理由によって、圧迫と捻れが長期に及ぶことによって椎間板の随核がつぶれ突出してしまうことになります。

これが椎間板ヘルニアの最も大きな原因といってもいいでしょう。

症状の表れ方!

多くの場合、初期には腰痛が出現したり治まったりを繰り返しながら進行し、その後片側の足の痛みやシビレが加わってきます。

重い物を持ち上げる動作が多かったりすると腰痛が出てくる頻度も増えて徐々に進行していきます。

あるいはデスクワークなどによって座っている時間が多い場合も腰椎に掛かる負荷が大きく、長じてくると腰痛やヘルニアの原因ともなります。

腰痛に続いて大腿部から下腿部や足部にかけて電気の走るような痛みやしびれが加わってくるようになります。

こういう過程を経て症状が進行していきますが、そのほとんどは片側性です。

つまり、左右どちらかの片方に症状が強く出るケースが多いということ。

ひどくなってくると、咳やくしゃみでも痛みが発生するようになってきます。

椎間板ヘルニアが深刻になってきますと、下半身の筋力低下が生じたり、歩くときにスリッパが脱げるなどの症状で気づくこともあるので注意を要します。

さらに進行すると、排尿・排便の感覚がわからなくなったりする場合は、神経の圧迫が相当にある状態なので緊急に対処する必要があります。

病院での診断!

椎間板ヘルニアの判断は整形外科においての診察所見とCTやMRIなどの画像所見が一致して初めて診断されています。

画像検査ではX線検査(レントゲン)のみではヘルニアの診断は非常に難しいとされています。

その理由は、撮影する角度、位置によってヘルニアが椎骨の影になってしまえば写らないということがあるためでしょう。

そこでMRIが最も有用な検査となりますが、実はMRIで椎間板ヘルニアを認めても症状がない場合は治療の対象にならないのが一般的です。

さらに詳しい検査として、脊髄造影・椎間板造影・神経根造影・CTなどの検査があり、必要に応じて追加することになります。

これらは患者さんが痛みや痺れ(しびれ)などの症状を訴えている場合に行われるようです。

病院の治療内容!

通常、進行性の麻痺症状がある場合を除き、保存療法がおこなわれています。

保存療法として、まずは急性期の場合、ベッド上にて安静にすることからコルセットによる安静あげられます。

薬物療法としては、消炎鎮痛薬や筋緊張弛緩薬などが疼痛(痛み)軽減のために処方されています。

さらに疼痛が激しい場合は、硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射などのブロック療法があります。

急性循環不全ショックブロック注射による副作用として述べておきますが、もっとも緊急を要するのは末梢血管が拡張して血圧が低下して急性循環不全を起こしショック状態となることです。

特に高齢者では致命的であり、実際に全国ではこれで死亡させたケースもあり、それでもマスコミに報道されることはほぼないが水面下にそれなりの死亡件数が存在している。

注入する薬液の量によって少なければ麻酔範囲が下半身にとどまり、重篤になることはまずない。

しかし、腰部硬膜外ブロックを効果的に用いるためにはある程度の量を増やさなければならないため全てが硬膜内に注入されると血圧低下が起こる。

高齢者の場合、心疾患を合併している場合、急な循環不全が不整脈を生じさせ、血圧が急降下することもある。

心疾患とまでいかないまでも、心臓が弱っていたり、過労のために体が疲労状態の場合などはとくに血圧低下がおこるケースがあります。

私の体験では歯科で麻酔を注入すると一時的ではありますが決まって胸が息苦しくなり気分がわるくなるところを考えると麻酔には敏感なようです。

脊髄麻酔後の肩こり・腰痛

一般的には知られていない副作用があります。

それは硬膜穿破(こうまくせんぱ・脊髄神経を覆っている膜を突破して脊髄神経に達すること)すると逆に強い肩こりや背部痛、腰痛を生じさせることがあると医学では説明していますし、そういう体験をされた方が来院した事例もあります。

施術へのポリシー!

観身堂では結果を出すこと、改善回復して戴くことを最優先課題としていつも取り組んでおります。

そして理論に終わることなく現実に多くの結果をいただいてまいりました。

改善回復の速度は骨盤の歪みぐあいや椎間板ヘルニアの程度、脊柱管狭窄症の程度の違いにより多少の差はあります。

しかし、痛みが消失して普通に生活ができるところまで、しっかりと施術をさせていただきます。

MRIの写真によって『手術するより方法がありません』と言われた状態の方が見事に復帰するケースは多くあります。

つまり原因は必ずしも椎間板ヘルニアのせいばかりではないということです。

ヘルニアがあっても痛みが改善治癒される方、ヘルニアがあるのに痛みがない方もおられます。

このように、原因は椎間板ヘルニアではなく、別の所にあるというケースが多いということ。

その主な原因が骨盤のアンバランスです。

それが大腰筋や起立筋部分の凝りと痛み、下半身のシビレなどの原因になっていただけです。

どんなに専門的な医学知識をもって説明しても、どんなに高価な医療機器を駆使しても患部の痛みが改善されなければ、病気に対して適さない薬を飲み続けるようなものです。

大切なことは、先ず症状が改善されて痛みやシビレがなくて日常生活ができること。

先にも述べましたが、ブロック注射をすれば痛みは一時的に軽減する場合もあります。

ここにブロック注射のリスクがあります。

痛みを抑えただけで根本的に改善されたわけではありませんから悪い状態のままに体を使うから余計悪化するケースが多々あります。

そんな状況で来院される方の何と多いことでしょう。

痛み止めは最小限にとどめることが症状を悪化させないことにつながります。

何故なら、痛ければその部位をかばって体を使うから患部が守られます。

ギックリ腰も慢性的な腰痛も一時しのぎのステロイド注射やブロック注射などの療法で後々症状の悪化にならないように気をつけなければならないでしょう。

観身堂は癒しが目的の整体ではなく、あくまでも回復が目的ですから、その内容の違いについては体験いただければ気づかれると思います。

是非一度、観身堂の整体を体験なさって、身体で喜びを感じてください。

しっかりとサポートさせて頂きます。

ご予約・お問い合わせはお電話で賜ります!

観身堂の電話予約 エキテン口コミ第一位

盛岡市と滝沢市以外にもたくさんの県内外地域から来院頂いております。
花巻市 石鳥谷町 紫波町 矢巾町 北上市 奥州市 水沢区 前沢区 胆沢区 江刺区 金ヶ崎町  岩手町 八幡平市 一関市 一戸町 岩泉町 大槌町 大船渡市 宮古市 釜石市 軽米町 久慈市 葛巻町 九戸村 住田町 田野畑村 遠野市 西和賀町 二戸市 野田村 山田町 陸前高田市 洋野町 藤沢町 普代村 宮城県 仙台市 名取市 大仙市 大曲 秋田県 秋田市 田沢湖町 横手市 青森県 八戸市 白銀町 三沢市 三戸町 十和田市 仙台市 福島県 山形県 東京都 埼玉県 千葉県 新潟県 京都市 名古屋市などです。