股関節症・手の握力低下

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年9月来院

左右の両手の握力低下によって力が入らなくなってきた。

タオルをしぼれない。

整形外科では手術と言われた。

リュウマチ反応は無し。

歩行のときに右股関節周囲に痛みがあり思うように歩幅がとれない。

股関節が痛くて手すりに摑まらないと階段の昇降が辛い。

仕事で微細な手の使い方、指の使い方が要求されるが思うように使えず支障が出ている。

こういう状態で観身堂の整体を希望して来院しました。

この患者様は歯科医師68歳です。

先ず、全身の診断では右骨盤に後方捻転(後ろに捻れている)が見られました。

その影響によって右股関節周囲の靭帯、筋肉が緊張状態になり張りが発生しています。

このことが股関節の可動域を狭めてしまっています。

歯科治療の際に右足に重心が乗っていることも有り右側半身に負荷がかかっていることが多いようです。

日頃の業務が忙しく体は全身疲労困憊の状態。足裏からアキレス腱、ふくらはぎ(ヒラメ筋)大腿二頭筋、臀筋、腰部起立筋、背筋、僧帽筋、肩こり、首の張り、腕の裏表という順番で全身の丁寧なほぐしを50分行った。

最後に歪んだ骨盤の矯正を行って終了。

患者様の表情は開放感からか緊張、張りがとれて表情が和やかになっていた。

2020年7月現在まで定期的に身体のケアのために通院頂いています。

勿論、普通に歩けるようになり、仕事でも支障なく働けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です