腰痛症「盛岡整体」

このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛症

腰痛に対する医学的な見地からの一般論を述べてみますと、8割の人が経験するといわれていて「背骨をサポートする腹筋や背筋といった筋力の衰えは、腰にとって“致命傷”になる」と説明しています。

併せて「特に男性より足腰の筋力が弱い女性に腰痛が多い」とも説明しています。

さらに「女性は、40代半ば以降に閉経期を迎えることで女性ホルモンの分泌が減り、骨がもろくなる骨粗鬆症のリスクが高まることで骨が弱くなると腰に負担がかかりやすいといったことも、女性に腰痛が多いひとつの理由」と述べています。

但し、MRIなどの画像診断によって腰痛のほとんどは厳密には特定されないことも多く、原因がよくわからないケースが多いというような表現をしています。

実際に観身堂に来院する男女の比率はとなると五分五分です。

決して男性が多いわけでもなく女性が多いことも有りません。

整形外科による画像診断によって原因が特定されている腰痛は全体の約15%程度だとされています。

残りのおよそ85%は、検査をしても原因が何か特定できない腰痛というケースになります。

腰痛に関する最近の医学的説明では、疲労や筋肉の衰え、生活習慣やストレスなどの心理的影響が、この『原因不明の腰痛』にあたると言うようになってきました。

確かにストレスによって一時的な腰痛もありますし、慢性的な腰痛もちの方もおられます。症状が顕著に自覚される事例もあると思います。

しかし日々、実際に腰痛治療に向き合っていますと、ストレスを抱えて生活しているクライアントさんでも数回の整体によって腰痛が改善される事例や消失する事例はたくさんあります。

社会の中で働きながら生活することはストレスとともに生きることでもあります。

ストレスが掛かっていても腰痛は改善される。

そういう意味では、必ずしも腰痛がストレスによるものとも言い切れないし、原因不明とも言い切れません。

腰部の筋力が弱いことが腰痛の原因だと診断する医学的な見地もあります。

しかし腹筋が弱いから腰痛になると言い切れるものでもありません。

原因
腰痛症の原因はさまざまですが、先に述べたように画像診断によって特定される原因で15%の代表的なものは、「腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがあります。」

この説明が医療現場での説明です。

その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。

一方で、残りの約85%は、レントゲンやMRIなどの検査をしても原因が特定できないというケースです。

この続きは後日追加で掲載しますのでお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です