人に好かれるために生きるのではない

少しくらい人に好かれなくてもいい。

ひたすら仕事に向き合い、真摯な気持ちで努力をする姿は自分を成長させます。

そして、そういう仕事をしていれば必ず人が寄ってくるものです。

いくら人当たりが良くても、仕事に取り組む姿勢が本気でなければ、雑談の相手にしかされないでしょう。

人の足しになること、役に立てるように仕事をしないでいて、ひたすら人に好かれることばかり意識したり、願ったり、人付き合いのハウツーばかり工夫しているようでは本末転倒である。

きょうも最後までお読みくださいまして心から感謝もうしあげます。