霊的未来へのステージアップ

人生の悩み諸問題、家庭問題から病気、老い、死への恐怖心、うつ病、パニック障害、摂食障害と様々な問題を抱えて相談にみえるのだが、徐々に解決へと進歩する人と、一時良い兆候がみえたかと思うのだが逆戻りする人の二通りの傾向がある。

この違いの大きな理由はとなると、自分を受け入れるか、受け入れず否定するかの問題だけです。謙虚になれる人は何事も改善がはやい。

これまで生きてきたなかで、良いことは素直に認め主張するのだが、どう見ても改めなければならないような思考、習慣、癖、言動などについては他人のせいにしてみたり、言い訳をして自分を正当化する傾向にある人の場合、なかなか進歩しにくいものだが、これも本人自身の自由であり強制はするものではない。

無限なる叡智と愛がすべてである宇宙唯一の大意識は地球人類を創造するとともに、私たちはある範囲内での自由意志を授けられた。

同時に、人間がいかに生きるべきかについての誤りない指標としての神性と、その神性が開発されるように、人類全体の想念身体とに機能を備えていただいたのだ。

唯一の意識は、人間をただの操り人形、選択する自由も力も持たない、単なる動物にすることも可能だっただろうが、自由を与えてくださいました。

しかし自由意志があるということは、同時に自分の行為への責任もあるということになります。

私たちは“善いこと”をしてもいいし“悪いこと”もできるのです。しかし、その代償となるカルマは汚れた想念として魂に刻まれることになる。

善と悪とは一つのコインの表と裏のようなものです。

愛と憎しみ、光と闇、陰と陽、プラスとマイナス、男と女、暑さと寒さ、昼と夜、嵐と静けさもそうです。これを両極性といいます。

そのどちらを選ぶかは私たちの選択権があるということです。

ここで戦争について考察してみます。あなたはこう自問するのです。〝なぜ戦争をしなくてはならないのか〟〝両者が共通して求めているものはいったい何なのか〟〝それは互いに相手を支配することなのか〟この問いにあなたも考えて答えを出してみてください。

この地上をユートピアとするも地獄とするも私たち人間次第です。また、同じことが家庭においてもいえるでしょう。

それは、私たちが、どちらかを選ぶ自由と、どちらにもできる手段を具えているからだ。

〝個人〟が集まって地上人類全体ができ上がっていることを考えれば、一人でも多くの〝個人〟が貪欲強欲残虐横暴を止めれば、その数だけ平和に貢献することになります。

あなたはあなたの生活、あなたの行為、あなたの言葉、あなたの思念に責任を負うのです。

私たちは限りなく霊的向上を望むなら、内容にもよるであろうが、本来は、他人があなたにしたことで償いをさせたり報酬を受けたりすることはすべきではない。

平和を求めて祈り、わが身と心を霊界の高級霊の道具として提供し、協力しようとなさる努力は必ず報われます。

あの世のエネルギーは、人間の協力を得てはじめて霊力を地上へ受け取り反映することができ、戦争や暴力行為、その他、地上の文明を混乱させ存在を脅かすものすべてに終止符を打たせることができるのである。

しかし、これより先もまだまだ地上から戦火の消えることはないだろう。

なぜなら、人類全体が一つの巨大な霊的家族であるという、この単純な真理、法則が未だに理解されていないからです。

肉体は撃ち殺せてもは死なないのである。

この事実が世界各国の国政をあずかる人たちによって理解され、地方行政にまで及び、その関連分野を通じて実行に移されるようにならない限り、戦争の勃発は避けられないでしょう。

人間が人間に対して行う非人間的行為に対して、あの世の霊人たちには何の責任もありません。

何故なら、これは地上における因果律の働きが片付ける問題だからです。

もちろん人類にとって“よりよき時代”は到来するだろう。

しかし、失望のドン底から一気に幸福の絶頂へと一夜のうちに転換するようなわけにはまいきません。

一歩一歩を魂の向上のために段階的過程を経るほかはありません。

霊的真理を“理解”する人が増えるにつれて、その知識にのっとった“生き方”をする人が増え、その人たちの生活が依存している各種の制度も、これらは霊と想念と身体がその幸福と成長と成熟にとって必要な体験が得られるように改善されていくことでしょう。

私たちがスピリチュアリズム(心霊主義、精神主義)と呼んでいる霊的思想が約180年ほど前に勃興したのも天上界の働きかけによるものであり、そこに目的があります。

それはかつてのように突発的ですぐに立ち消えになるようなものではなく、天上界の総合的な計画のもとに行われて、すでに霊的エネルギーは完全に地上に根づいている。

これからもその高次で霊的バイブレーションは拡張しつづけ、ますます多くの人間がその愛と慈しみの恩恵に浴することになるだろう。

ある人は“黄金時代”と呼び、ある人は“地上天国”と呼んでいるものは、いつかは成就されるときがくる。

しかし、個々の気づきと努力と時間が必要だ。

物的進化が絶え間なくその目的を果たしつつあるように、それと併行して霊的進化もそれなりの役割も果たしつつあることは実感するところである。

私たち人類の未来と霊的ステージは個人個人の小さな気づきと弛みない努力によってのみ向上できるのです。

きょうも最後までお読みくださいまして心から感謝もうしあげます。またの訪問をお待ちしております。ランキング参加しております。、下のバナーをポチッとクリックして頂ければありがたいです。^_^;