愛の力

愛は大きさを測ることができない。

重さを測ることもできない。

いかに優れた器具をもってしても分析することはできません。

それでも愛は厳然として存在しています。

宇宙における最大の力です。

人間の心を人間たらしめる唯一のエネルギーである。

大自然の法則を機能させる原動力です。

愛あればこそ全大宇宙が存在するのです。

宇宙がその宿命を成し遂げ、全存在がそれぞれの宿命を成し遂げていくその背後には、この愛の力が存在するのである。

愛は、生命活動の原動力であり、霊的4次元の世界と物質的3次元の世界の間に横たわる障壁を克服していくのも愛の力です。

そして、その愛を深いものにするために、私たちを今日まで導き、これ以後もより一層大きな愛の霊的回路とするための受容力の拡大に心を砕いてくれている背後霊達(守護霊・指導霊)の存在に目を向けることです。

私たちが自己の内面を見つめるなら、

昼のあとには夜が訪れるように、

春のあとには夏が訪れるように、

種子を蒔(ま)けば芽が出るように、

魂は着実に開眼し、一歩一歩その存在意義の成就に向けて階段を昇ります。

日常の煩雑(はんざつ)な出来事の渦中にあって、時には僅(わず)かの時間を割いて魂の静寂の中に目を向け、己れの存在の原動力である霊性に発現のチャンスを与えて下さい。

心に恐れを宿してはいけません。不安と恐れは完全に拭い去らないといけません。

誕生以来、今日までずっとあなたを導いてきた守護の霊や指導の霊が、今になって見捨てることはないのです。

あなたが気づかずとも、これまで日夜あなたの生活の支えとなってきたのであり、あなたが心を乱さない限りは、これ以後もずっと支えとなることでしょう。

何故なら、あなたが生まれる前に魂の兄弟たちと約束をして地上に下生したことであるからです。

あなたに絶対成就してもらわねばならない仕事があるからです。

あなた自身の魂がこの世へ携えて来た能力に対して、背後の霊たちが、これからもその役目を果たしていきます。

そして援助に当る霊の背後には宇宙の大霊すなわち唯一の存在である愛の権化、即ち神の力が控えているのです。それは決してあなたを裏切ることはありません。

宇宙は無限・無窮(むきゅう)の愛と慈悲のエネルギーによって存在しております。

しかし、地上の人間の圧倒的多数はそのごくごく僅(わず)かしか感識しておりません。

否定する者さえおります。受け入れる気根(心のステージ)という条件が整わないからです。

ですから、私たち人間はその神の恩寵(おんちょう)を存分に受け入れるべく、精神と魂を広く大きく開く方法を学ばねならないということだ。

それには信念と信頼と穏やかさと落着きを身につけることです。

そうしたものによって醸(かも)し出される雰囲気の中にある時、無限のエネルギーから莫大(ばくだい)な心の豊かさを受けることができる。

それが愛の出発点である唯一なるものの摂理であり、そういう“仕組み”になっているのです。

受け入れ、呼吸する能力に応じて、エネルギーが配給されるということです。

単なる呼吸のことではない。あなたの心の受容力が増せば、それだけエネルギーも増します。

それだけのことである。悲哀(ひあい)の念が消えるに従って、魂を取りまいていた暗雲が晴れ、確信の陽光がふんだんに差し込み満たされるでしょう。

宇宙に様々な存在を与えたのは唯一なるものの愛です。

宇宙が存在し続けるのも、この愛があればこそです。

全宇宙を司(つかさど)り、全存在を支配しているのもその愛です。

その愛の波長に触れた者が、自分の愛する者だけでなく、血縁によって結ばれていない赤の他人へも手を差しのべんとする同胞愛に燃えます。

愛は自分より不幸な者へ向けて自然に手を差しのべさせるものです。

全生命の極致であり、全生命の基本であり、全生命の根源であるところの愛は、よりいっそうの表現を求めて人間の一人ひとりを通して地上に流れ込んでいます。

そして、いつの日か、全宇宙が唯一なるものの愛によって温かく包まれることになるだろう。

好感を覚える人を愛するのは容易いことです。

しかし、そこには徳性も神聖さもありません。

好感のもてない人を愛する。これが魂の霊格の高さを示します。

あなたに憎しみを抱いている人のもとに赴くこと、あなたの気に食わぬ人のために手を差しのべること、これは容易なことではないし、遥かに難しいことです。

しかし、私たちは常に理想を目標としなければならないのである。

他人(ひと)に出来ないことをする、これが奉仕の奉仕たる所以(ゆえん)だからです。

可哀そうにと思える人に優しくする、これは別に難しいことではありません。

気心の合った人に同情する、これも難しいことではありません。が、敵を愛する、これは実に難しいことです。

最高の徳は愛他的です。

愛すべきだから愛する、愛こそ唯一なるものの摂理を成就する。

そして、そのことを知るが故に愛する。これです。

愛らしい顔をした子供たちを治療してあげる、これは容易いことです。

しかし、奇形の顔をした気の毒な人、ぞっとするような容貌の人を治療するのは並大抵の心がけではできません。

が、それが奉仕です。

真の愛は大小優劣の判断を求めません。

愛するということ以外に表現の方法がないから愛するまでです。

宇宙の大意識は無限なる愛であり、自己のために何も求めません。

あなたは幼いわが子に愛を求めるだろうか。代償を求めるだろうか。

向上進化の梯子(はしご)を登って行けば、上に行けばいくほど己のために何も求めず、何も要求せず、何も欲しがらぬ高いステージの世界に辿(たど)り着きます。

その過程には孤独があります。上のステージに行くほど孤独との戦いになります。

愛は、ただ施すのみの世界です。

願わくば地上人類の世界がみな是非そうあってほしいと願うものです。

きょうも最後までお読みくださいまして心から感謝もうしあげます。またの訪問をお待ちしております。ランキング参加しております。下のバナーをポチッとクリックして頂ければありがたいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ