シナリオ

この人生62年の自分を振り返ってみると我が人生は、30代後半以降は自分が描いたストーリーに近づけたかなと思う。                                                30代前半までは全く地獄の生活といえる状態で随分と思い通りにならない事のほうが遥かに多く、それでもなんとか後半には、大事なことに気づけるような人生という意味ではシナリオには近づけたように思う。しかし、まだまだ到達点は遥かに遠い。

人は皆やがては死というものに直面する。

亡くなれば肉体は火葬されてお骨は土に還されるだけ。

でも、無くならないものがある。心(魂)は、生れる前のふるさとに還って、できなかったことやできたこと、やり残したことを振り返り反省をする。

次の世はどんな人生にしようか計画を立てて決める。
自分が成長するのにベストな環境や条件を、あらかじめ決める。

そしてまた時が満ちれば生まれる機会をいただき出生となる。

シナリオは 「幸せを感じる心、幸せに気づく心」をつくるための学びのオリジナル脚本。

幸せってひたすら感じるもの、気づくものだから幸せを感じる心、気づく心に育てなければ幸せにはなれない。

幸せを感じるためには苦しい、悲しい、辛い体験はとても必要です。その中から多くを学びました。学びのお陰で心は成長させてもらい、人にやさしくなれます。

そして、どんなことにも幸せを感じて生きていくことが出来るようになります。

その心をつくるための自らが創ったシナリオであり、乗り越えられないものはありません。

『幸せは気づくもの、感じるもの、お金や物じゃないことに気づいたら満点』

 

投稿者: 観童

観童 ★特定団体、宗教団体への所属なし(但し無神論者ではない) ★飲食 好き嫌いなし。和食系。 ★腹八分目がモットーお酒とタバコは体が受け付けない。 ★パソコン歴(俗に言う50の手習い)日々悪戦苦闘 ★経歴、前科なし。 ★サラリーマンから自営業を経て42歳で整体師となる。 ★観身堂を開院 現在24年目、感謝です。 ★期するものがあり奉仕活動としてメールでの純然たる無料カウンセリングをおこなっています。(業務上のカウンセリングやブログ上での相談が多忙のため即日返信はできませんのでご理解お願い致します。) 『生きることの諸問題』 『老いていくことの苦悩』 『病気をすることの苦しみ』 『死に際しての不安』 『家庭内のトラブル』 『対人関係』 『うつ病』 『パニック障害』 『摂食障害・過食症 拒食症』 『宗教被害』 『霊能者被害』 『霊障』 相談に応じています。 お問い合わせは kandou0822@yahoo.co.jp ※ご相談に際しては、お住まい地域、性別、年齢、氏名(ニックネーム可)は最低限お知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA