気づかいと信頼

会話「信頼」という言葉があります。

文字通り、信じて頼ると読めますが、しかし、一方的に頼るだけでは、信頼には成りえない。

自分が頼られるだけの人間性や人格というものを相手にも認めてもらわなければそれはないと思うのです。

つまり、お互いが相手の身になって、頼る気持ちや、相手に対する心づかいを示さなければ信頼は生まれてこない。

心づかい、つまり、相手をいかに気づかうか、その気づかい方の深浅が信頼関係の度合いにもなってくる。

基本的には、相手を気づかえば気づかうほど信頼は深まるということかと思います。

但し、ここで気をつけなくてはならないこと、それは気づかいと、余計なお世話とをちゃんと分別することです。

勿論、タイミングということもあります。

相手が忙しくしているさ中に全く場違いな気づかいをしてしまうと、余計なお世話にもなりかねないからだ。

本当に嬉しかった気づかいというのは案外あとでわかる場合もあります。

それは押しつけでもなく、余計なお世話でもなく、さりげなくおこなわれたことだからでしょう。

うまくいってない時に、ちょうっとだけ横から流れをつくってあげるようないたわりもいいですね。

自信を失っているときに場を和らげたり、少しだけ優しい言葉をかけてやるとか。

人から受ける気遣いは、本当に小さな何気ないものでも、してもらったほうにすれば、嬉しくなるものでしょう。

職場でも、学校でも、電車の中でも、家庭のなかでも、いつでも、どこでもです。

気遣いは、相手にとって望まれるもの、そして、負担とならないものというのがポイントになるでしょう。

相手を褒めること、笑顔を忘れぬこと、周囲の観察、こういったことから気づかいが生まれてくるものです。

但し、無理な気づかいはかえって場を気まずくしたり、自分が疲れることにもなりますからその点は気をつけなくてはなりません。

※きょうも最後までお読みくださいまして感謝もうしあげます。何かしら参考になることが有りましたら下のバナーをポチッとクリックして頂ければ有り難く思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

投稿者: 観童

観童 ★特定団体、宗教団体への所属なし(但し無神論者ではない) ★飲食 好き嫌いなし。和食系。 ★腹八分目がモットーお酒とタバコは体が受け付けない。 ★パソコン歴(俗に言う50の手習い)日々悪戦苦闘 ★経歴、前科なし。 ★サラリーマンから自営業を経て42歳で整体師となる。 ★観身堂を開院 現在24年目、感謝です。 ★期するものがあり奉仕活動としてメールでの純然たる無料カウンセリングをおこなっています。(業務上のカウンセリングやブログ上での相談が多忙のため即日返信はできませんのでご理解お願い致します。) 『生きることの諸問題』 『老いていくことの苦悩』 『病気をすることの苦しみ』 『死に際しての不安』 『家庭内のトラブル』 『対人関係』 『うつ病』 『パニック障害』 『摂食障害・過食症 拒食症』 『宗教被害』 『霊能者被害』 『霊障』 相談に応じています。 お問い合わせは kandou0822@yahoo.co.jp ※ご相談に際しては、お住まい地域、性別、年齢、氏名(ニックネーム可)は最低限お知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA