スピリット向上の原点

心樹こころぎ

物事を成就することも、成功することもそうですが、それを実現するためには継続して願い続けるということが必要な事は誰もが理解していると思います。

一方、人間の心を育てるという点においても素直な心を養うためには、まず素直な心になりたいという強い願いをもち続けることが必要であります。

ところが、この素直な心になるために大きな障害となるの執着です。

素直な心になれたらいいだろうなと思うだけでも、少しは素直な心に近づくかもしれませんが、やはりその程度では十分に素直な心を高めていくことは難しいでしょう。

何事においても、よりよきものを生み出そうとか、事をなそうといった場合には、そこにそれなりのというものをもって、つよく願い、事に臨むことが必要です。

ところが、心の中にそういうものをもっておりさえすれば、それで結果が自然に生まれてくる、というような棚ぼたというわけにはいかないのです。

やはり、強く、志を心にもったならば、それは実際に自分の言葉や、態度や行動となってあらわれてこなければならないということ。

つまり、その願いを実現するために、身も心も一心に打ち込むことが大切だということです。

そうなると、事の成就を願うなら、そのために必要な事柄は周到に準備し、時間をかけて進めていく努力が要求されてきます。

壁にぶち当たったからやめたというのでは何ら進歩もなければ、前に進むこともできないでしょう。

ここでも志がどれほどのことか試されます。

自分の心を素直な心に成長させることは、人生における喜びを先取りしたようなものです。

人間の心が素直になるということは、それだけ物事に対する自分の視点が変わるからです。

頭では「素直にならなくては」と思っていても、そのことを普段の小さなやり取りの中で活かせなければ成長はありません。

「素直になる」という決心が小さなできごとで揺らいでいたら、それは強い願いとなっていないということになりますし、これまでの自身の傾向性がそうだったということでしょう。

つまり、自我心が強いということがいえるわけです。

この世で一番困難なことは、形にする物事ではなく、人間の心を変えるということです。

素直な心になりたいという強い願いをもったならば、日頃から、素直な心というものについて自分なりの心を養うためのいろいろな工夫を重ねていかなければなりません。

そういう熱意ある姿勢を保っていって、徐々に素直な心というものがどういうことなのかを正しく理解し、また体得していくこともできるのではないでしょうか。

忘れず、たゆまず、他の多くの人びとの行動から学び、他の人たちの知恵を積極的に吸収しつつ、継続的に実践していくことが何よりの心づくりかと思います。

※きょうも最後までお読みくださいまして感謝もうしあげます。何かしら参考になることが有りましたら下のバナーをポチッとワンクリックして頂ければ有り難く思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ

岩手県 盛岡市 カウンセリング うつ病 パニック障害 自律神経失調症 アダルトチルドレン DV 悩み相談 無料 奉仕 スピリチュアルワーク 摂食障害 過食症 拒食症 家庭問題 仕事のモラル 人間関係 宗教被害 霊障 整体 カイロ アロマテラピ

投稿者: 観童

観童 ★特定団体、宗教団体への所属なし(但し無神論者ではない) ★飲食 好き嫌いなし。和食系。 ★腹八分目がモットーお酒とタバコは体が受け付けない。 ★パソコン歴(俗に言う50の手習い)日々悪戦苦闘 ★経歴、前科なし。 ★サラリーマンから自営業を経て42歳で整体師となる。 ★観身堂を開院 現在24年目、感謝です。 ★期するものがあり奉仕活動としてメールでの純然たる無料カウンセリングをおこなっています。(業務上のカウンセリングやブログ上での相談が多忙のため即日返信はできませんのでご理解お願い致します。) 『生きることの諸問題』 『老いていくことの苦悩』 『病気をすることの苦しみ』 『死に際しての不安』 『家庭内のトラブル』 『対人関係』 『うつ病』 『パニック障害』 『摂食障害・過食症 拒食症』 『宗教被害』 『霊能者被害』 『霊障』 相談に応じています。 お問い合わせは kandou0822@yahoo.co.jp ※ご相談に際しては、お住まい地域、性別、年齢、氏名(ニックネーム可)は最低限お知らせください。

「スピリット向上の原点」への1件のフィードバック

  1. 観童さま

    どうも、こんにちは!

    この間はコメントをブログ内に載せてくださりありがとうございます。

    ちょっと不思議なことがあったのでメールいたしました。

    記事を載せていただいた1週間後くらいに父親から会社の産業看護師になったらどうかと言われました。

    父親はその会社に何十年もおり、管理職もしていたことから今回の話をすすめることができたそうです。

    この話は現在通っている専門学校に入る前にもされていました。そのときはまだ欠員がでないため無理ということで今後はそういことはないんだろうなとすっかり忘れていました。

    そのため今回の話は結構びっくりしました。履歴書も書いて既に送っていまは面談の調整中らしいです。

    既に1年学校に通っていたりしていたので正直かなり悩みました。しかし、自分の本当にやりたいことを考えてみたときにどちらでも進むことは可能だと思ったので面談を受けることを決心しました。

    いまの医療は医療従事者が一方的に医療行為をして利益優先主義みたいなところがあると思います。病棟で看護師をしていたときそれはすごく感じていました。

    そうではなくて患者さんも自分がどんな病気であるのかをよく知って医療従事者に任せすぎないようにして、医療のほかにも治療する方法があることを知り、自分に合う方法を見つけていくことが大切だと思います。医療従事者に任せすぎていると本当の問題から遠ざかり薬漬けにされてしまい、私のように立ち直ることにとても苦労してしまうからです。でも当たり前ですよね。薬は対処療法であって問題を解決する方法ではないから。

    また、観童さんから教えていただいた霊的なことも取り入れることによって邪霊や動物霊や悪霊などから身を守ったり、心の掃除をしたりしていくことも必要だと思っています。

    もし、本当に産業看護師になれたら自分の経験からそのようなことを指導していけたらいいなと思っています。

    薬をやめて自然に生きようと思ってから物事が良い方向にすすんでいくような気がしています。

    これまで助言いただいたこと感謝しています。ここまで思考が変わったのも観童さんやその他さまざまな方のおかげです。そして偉大なる自然(?)。

    この話はどうなるかわかりませんが、目標は変わらないのでそれに向かって進んでいきたいです。

    それでは失礼いたします。いつも記事の更新楽しみにしております(*^_^*)♪

    匿名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA